メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

障がい者向けメイク教室に参加!―クリスマスメイク編―

ykoz (2012年12月12日 9時28分)

12月もあっという間に10日を過ぎました。
もうすぐ楽しいクリスマスですね。

そうした中、障がい者を対象にしたメイク講座が行われ、
弱視の私は興味があり参加してきました。
障がい者を支援する団体が主催で、代表者は視覚障がいのある方です。

当日7名の視覚障がいのある女性が参加していて、
最寄駅から会場まで主催側の方が誘導してくださいました。

メイクを教えてくれる先生は、以前モデルのメイクアップを担当されていた方で現在は、介護に携わっているそうです。
代表の方をメイクしながらコツを説明し、実際に参加者が聞いた通りメイクします。
サポートの方が付き添って、確認してくださったので安心です。

今回「クリスマスメイク」ということで、3パターンの中から好きなものを選びました。
「ドーリーメイク」「キャッツアイ」「モード系メイク」です。
私は、サポートの方にアドバイスをもらい「モード系メイク」に挑戦!
ポイントは「ビビットな赤の口紅」とのことでした。
ベースメイクまではみんな一緒で、アイメイクからそれぞれ異なります。
アイシャドウはつけ過ぎないために最後に指でぼかすことがポイントのようです。
アイラインはまつ毛に触れていることを確認しながら描くとうまくいくなど色々と教えてもらい勉強になりました。

代表の方が、「私はお店に行って最近の流行やどんな風にメイクしたらいいかをよく聞きに行きます」と
おっしゃっていました。
私は、確かに自分でいろんなところに出かけて、情報を集めていかないと何も覚えられないと感じました。

このメイク講座もそうですが、まずは行動するということがキレイになるためのひけつなのではと思います。
また、見えなくてもキレイでいたいと思う気持ちはみんな一緒だと思いました。
「キレイになりたい」という気持ちを持つことが大切なのかもしれません。

こうした障がい者向けのメイク講座が増えるとうれしいです。

コメント (0) | 閲覧 (960)

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : 登録ユーザ以外のコメントは承認が必要

投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介