メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

シラスと大葉のふりかけ

2013年8月6日掲載

シラスと大葉のふりかけ

カルシウムたっぷり!手作りふりかけ

写真:白磁器の四方形小鉢に盛られたしらすと大葉のふりかけ、奥に木製の小スプーンを添えて

材料*(約2人分)

材料 分量
じゃこ 20g
乾燥カットわかめ 5g
青じその葉 10枚
かつお節 3g
白ごま 大さじ1(煎りごまかすりごまかはお好みで)
ごま油 大さじ2分の1
☆しょうゆ 大さじ2分の1
☆みりん 大さじ2分の1
☆酢 小さじ1

下ごしらえ

  • 乾燥カットわかめは、キッチンペーパーや、ふきんに包んで、めん棒で叩いて細かくしておく。
  • 大葉は、小指の爪くらいのサイズでざく切りにする。
  • ☆印のついた調味料を混ぜ合わせておく。

作り方

  1. フライパンに乾燥カットわかめを入れて弱火にし、常にかき混ぜながら、5分ほど乾煎りする。
  2. 一旦、火を止めてごま油を加えて混ぜる。
  3. 火をつけて、シラス、大葉、かつお節を加えて弱火で5分ほど炒める。
  4. 火を止めて合わせておいた☆印の調味料を加えて混ぜ、再度弱火で1分ほど炒める。
  5. 水分が飛んで箸が少し軽くなったら火を止めて、最後に白ごまを加えてできあがり。

ワンポイントアドバイス

  • 乾燥カットわかめを入れることで、ミネラル豊富な海藻類を手軽に摂取!
  • 硬くて食べごたえのあるふりかけなので、噛む回数が自然と増え、健康効果が期待できる。
  • 釜揚げシラスを使ってもおいしくできる。
    *その場合少し柔らかめになる。

レシピ提供:栄養士 功刀あつみ先生
レシピ監修:料理家・洋菓子研究家 奥秋曜子先生

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

今回は、「シラスと大葉のふりかけ」に挑戦です!
これまで、シラスというと大根おろしに混ぜて食べるなどの調理方法しかしたことがありませんので、どう仕上がるか楽しみでした。
まず、材料をそろえて下ごしらえします。
その後は、フライパンで材料を加熱してできあがりです。
時間も全部で30分かからないくらいでした。 ただ、調味料の分量が少し多かったので乾燥わかめがやわらかめの食感でした…。
気になるお味は、ごま油の香りが良く、大葉の風味が食欲をそそりおいしい!
じゃこやごまの食感がさらに旨みを引き出します。
私は、残ったふりかけをご飯に混ぜておにぎりにしました。 お弁当に持って行ってもおいしそうです。
ご飯にかけても混ぜても良しの、栄養豊富な「シラスと大葉のふりかけ」を作ってみてはいかがでしょう。


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介