メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

豆腐だんごのみぞれ鍋

2014年1月7日掲載

豆腐だんごのみぞれ鍋

年末年始で疲れた胃を癒してくれるお鍋!

写真:土鍋にニンジンや長ねぎ、水菜などの食材と一口サイズに丸められた豆腐だんご

材料(2から3人分)

材料 分量
大根 2分の1本
白菜 2から3枚(約200g)
エノキ 2分の1束
長ネギ 1本
ニンジン 3分の1本
水菜 1から2束
ポン酢 お好みの量

【鍋つゆ】

材料 分量
500cc(大根汁と合わせる)
塩昆布 5g
大さじ1
しょうゆ 小さじ1
砂糖 小さじ2分の1

【豆腐だんご】

材料 分量
木綿豆腐 150g(2分の1丁)
鶏ひき肉 150g
ニラ 約10g(1から2束)
にんにく、しょうが 各1片(親指の先サイズ)

下ごしらえ

  • 大根は、すりおろしておく。
  • エノキは、半分の長さに切り、白菜は、葉と芯に分けてざく切りにしておく。
  • 長ネギは親指くらいの長さに切っておく。
    *お好みでフライパンやグリルで焼いて焦げ目をつける。
  • ニンジンは、少し厚め(5ミリくらい)の半月切りか、短冊切りにしておく。
  • ニラは 小指の爪サイズのざく切りにしておく。
  • にんにく、しょうがは みじん切りにしておく。
    *チューブを使用の場合約1センチ使う。
  • 豆腐は水切りをしておく。

作り方

  1. 鍋つゆの材料を鍋に入れる。
  2. 豆腐だんごの材料を全てボウルに入れ、手で粘りが出るまで3分くらいよくこねる。
  3. 豆腐だんごを一口大の大きさに丸めるかスプーンですくい、鍋に入れて中火で煮る。
  4. つゆが沸騰してきたら、そのまま3分煮る。
  5. 白菜の芯とニンジン、エノキを入れて、さらに3分くらい煮る。
  6. 白菜の葉の部分、水菜、ネギを加え、野菜が柔らかくなったら大根おろしを入れてできあがり。

*お好みでポン酢をつけて食べる。

ワンポイントアドバイス

  • 豆腐の水切りは、キッチンペーパーで包んだ豆腐に重しをして20分ほど置いておくか 冷凍庫で一晩凍らせたあと、冷蔵庫で解凍して手で押すと簡単!
  • 大根おろしに含まれる酵素は熱に弱いので、加熱しすぎないように、食べる直前に入れるとよい。
  • 大根おろしや鍋の具材は、お好みで量や種類を増やしてもよい。
  • 鶏ひき肉は、コクが欲しい場合はもも肉、ヘルシーにしたい場合は胸肉を使うとよい。

レシピ提供:栄養士 功刀あつみ先生
レシピ監修:料理家・洋菓子研究家 奥秋曜子先生

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

今回挑戦したレシピは「豆腐だんごのみぞれ鍋」です。 冬はお鍋を作ることが多いですが、みぞれ鍋は初めて作りました。
調理方法は煮込んでできあがるのでシンプル! ただ、下ごしらえが少しお手間で、豆腐だんごを作るのに時間がかかりました。
特に、にんにくとしょうがのみじん切りが細かい作業で大変…。チューブタイプのものを使うと便利だと感じました。
その後は、材料を煮るだけなので順調に進みました。
お味は、さっぱりとしていて、しょうがとにんにくの風味が効いておいしい! 豆腐だんごのだしと大根おろしの組み合わせがちょうどよく、ポン酢をつけて食べると食欲が進みます。 豆腐や鶏ひき肉は、消化されやすいタンパク質で、大根には消化を助けてくれる酵素が含まれているため、 胃にやさしい食材です。
年末から年始にかけて食べ過ぎ・飲み過ぎたという人も多いのではないでしょうか。 そんな疲れた胃を癒してくれる料理です。 ぜひ、作ってみてはいかがでしょう?


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介