メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

いきなりキッシュ

2014年3月31日掲載

いきなりキッシュ

パイ生地を敷く作業を省いた、簡単キッシュ!

写真:黄色や緑、赤など色鮮やかな生地が丸い耐熱容器で香ばし焼きあがった模様

材料(12センチ×18センチの長方形のグラタン皿1つ分)【870kcal/食塩4.29g】

材料 分量
2個
牛乳 4分の1カップ(50cc)
生クリーム 4分の1カップ(50cc)
塩・こしょう ひとつまみ
ナツメグ ひとつまみ(粉末のものでも良い)
ほうれん草 1株
マッシュルーム 2個(約40g)
ベーコン ハーフサイズ4から5枚(30から40g)
プロセスチーズ 50g(スライスチーズなら3枚程度)
プチトマト 4個
サラダ油 小さじ1(オリーブ油でも良い)
バター 5g

下ごしらえ

  • ほうれん草は、根本を中心によく洗い、茹でてから、人差し指の第二関節の長さに切る。
  • ベーコンは、1センチ幅に切る。
  • マッシュルームは、3ミリくらいの薄切りにする。
  • プチトマトは、半分か4分の1個に切る。

作り方

  1. オーブンを180度に予熱する。
  2. フライパンにサラダ油とベーコンをいれ、中火にかけ、2分いためる。
  3. 次に薄切りにしたマッシュルームを加え、2分いためる。
  4. ほうれん草を加えて、3分炒めてしっかりと水分を飛ばす。
  5. 火を止めて、バターを加えて混ぜる。
  6. グラタン皿に炒めた具を入れ、手で適当な大きさに切ったチーズを全体が隠れるように載せる。
  7. 卵液を作る。ボウルに卵を割りいれ、箸を左右に動かし、白身を切るように混ぜる。
  8. 7.のボウルに、牛乳、生クリーム、塩、こしょう、あればナツメグを加え、よく混ぜる。
  9. 6.のグラタン皿に8.の卵液を流し、切ったプチトマトを載せ、予熱したオーブンで20分焼いてできあがり!

ワンポイントアドバイス

  • 一人ずつの分量をココット型で焼いてもよい。
    *その場合、焼き時間を10分から15分にする。
  • ほうれん草は茹でることによってアクが抜け、「えぐみ」が少なくなる。
    *ほうれん草のアク抜きは、良く洗った後ラップできっちりと包み、電子レンジ(600W)で1分半ほど加熱してから水につけて絞ってもアク抜きができる。
  • キッシュの中に入れる具は、何でもOKだが、なるべく水気の少ないものを選ぶ。
  • ナツメグは牛乳の臭み消しに使われるスパイスで、体を温める効果がある。
    *ただし一度に5g以上、入れすぎないよう注意!

レシピ提供:栄養士 功刀あつみ先生
レシピ監修:料理家・洋菓子研究家 奥秋曜子先生

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

今回は「キッシュ」に挑戦!
お店で食べるくらいで、作るのは初めてです。 パイ生地を使わない簡単キッシュです。
作り方は、いたってシンプル。
材料を下ごしらえした後、オーブンで焼いてできあがります。 ほうれん草は、アク抜きをするなど少し手間がかかりますが、その他は切って炒めるだけです。
できあがったキッシュは、なめらかな食感で上品な味わい!
ベーコンの塩加減とプチトマトの酸味が程よくマッチしておいしいです。 家族には「よく行くお店のキッシュみたいでおいしいね」と好評でした。
プチトマトやほうれん草が、彩り鮮やかで食欲をそそります。 みなさんも、簡単キッシュを作ってみてはいかがでしょう?


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介