メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

鶏肉のさっぱり炒め

2008年6月6日掲載

鶏肉のさっぱり炒め

これからの梅雨時期は食欲が落ちがち…さっぱりとした梅を使った鶏肉の炒め物で食欲倍増!

写真:とうもろこしの黄色、枝豆の緑、パプリカの赤と、彩りも鮮やかな鶏肉の炒め物

材料(4人分)

材料 分量
鶏肉 200g程度*ササミなら4本。ムネ肉なら1枚
枝豆 50g*冷凍のものでもよい
とうもろこし 40g*缶詰でもよい
パプリカ 2分の1個*緑のピーマンなら1個
長ネギ 2分の1本
小梅 5から6粒
ザーサイ 10g*たくあんや、高菜漬けなどでもよい。
片栗粉 小さじ1
塩・こしょう 各適量
小さじ1
50ml

下ごしらえ

  • 枝豆は正味(中身を使用)茹でて、さやから取り出しておく。
  • とうもろこしは茹でて実を手で実を取り出す。
  • パプリカは種を取り、親指の爪くらいに切る。

作り方

  1. 鶏肉は、親指の爪くらいの大きさに切り、塩・こしょうを少々まぶす。
    *鶏肉の代わりに、エビ(だいたい8尾くらい)やイカ(1はい)などでもよい。
  2. 長ネギは1センチくらいの小口切り(輪切り)にする。
  3. 小梅は、しゃもじなどでたたいて種を取り出し、みじん切りにする。
  4. ザーサイは、水に1日くらいつけておき、水気を切り、みじん切りにする。ビン詰めのものなら、そのまま使える。
  5. 片栗粉、水、酒を混ぜる。
  6. フライパンか炒め鍋に、サラダ油大さじ1を入れて予熱する。手をフライパンのふちと同じくらいの高さにかざして、焚き火にあたるくらいの熱さになったら予熱完了!
  7. まず、鶏肉から炒める。フライパンに入れて20秒くらいそのままにし、温まってから炒めると、くっつかない。
  8. 次に、枝豆、とうもろこし、パプリカ、長ネギを入れて、さっと全体を混ぜるように炒める。
    *これらの野菜は、すでに火が通っていたり生でも食べられるので、手短に炒めるだけでよい。
  9. みじん切りの小梅と、ザーサイを加え香りがしてくるまで軽く炒める。
  10. いったん火を止め、混ぜておいた(5)の調味料を加える。全体を混ぜ、塩とこしょうでちょうど良い味にしたら、再び火をつけ、全体に味がからまるように炒める。
    *片栗粉が底に沈んでいるので、加える時にはもう一度混ぜる。
  11. 火を止め、ごま油をふり、香りを出す。

レシピ提供:料理家・洋菓子研究家奥秋曜子先生

ワンポイントアドバイス

缶詰やビン詰め、冷凍野菜などを利用すると、下ごしらえが楽ですよ。 小梅の種を取るのが大変な場合は、コンビニエンスストアなどで、種を取った「カリカリ梅」を売っています。 小梅の塩味により、量を加減してください。

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

余熱したフライパンに、鶏肉を20秒ぐらいそのまま置いてから炒めると 本当にフライパンにくっつきませんでした!いつもすぐ菜箸などで肉をくっつかないように動かして 苦戦していたんですが、あの苦労がウソのようです(笑)。 これからは、少しタイミングを見計らって炒めようと思います。 今回はムネ肉を使用し、少し小さめに切ったので火が通りやすかったです。 枝豆やとうもろこしは、冷凍のものを使ったので実を取り出す作業がなくて調理が簡単! 出来上がりのお味は、梅干を入れると塩味と酸味が加わり、さっぱりとした味わいに! なかなか出せない味だと思いました。 一味違った料理を作ってみたい人にお薦めですので、チャレンジしてみてくださいね。


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介