メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

コーンフレーククッキー

2015年3月10日掲載

コーンフレーククッキー

サクサクした食感のコーンフレーククッキー

写真:こんがりと焼かれた2枚のコーンフレーククッキーが皿に盛られている様子

材料(約10枚)

材料 分量
無塩マーガリン 60g
ブラウンシュガー(黒糖、三温糖、上白糖でも良い) 60g
コーンフレーク(オートミール、スライスアーモンドでも良い) 40g
薄力粉 60g
ベーキングパウダー 小さじ2分の1

準備

  • オーブンを180度に温めておく。
  • 薄力粉とベーキングパウダーをふるいにかけて混ぜておく。

作り方

  1. 耐熱のガラスボウルか深めの容器に、マーガリンとブラウンシュガーを入れて、電子レンジ500Wで30秒加熱する。
    マーガリンが溶けたらよく混ぜて、人肌程度に冷ます。
  2. コーンフレークを手でつぶしながら加え、さっと混ぜる。
  3. 混ぜておいた粉類を少しずつ入れて、ゴムベラかスプーンで底からすくうようにして、粉っぽさがなくなるまで1分ほど混ぜる。
  4. 水で指を濡らしながら、生地を指でつまみ、オーブンシートを敷いた天板に並べる。
    (だいたい10個くらいにわける。焼いていくと広がるので、3から4センチほど隙間を開けて並べる)
  5. 温めておいたオーブンで15分程度焼く。
  6. 天板の上で冷まして、硬くなったらできあがり!

ポイント

  • ブラウンシュガーや黒糖で作るとコクのある味になり、上白糖やグラニュー糖で作るとあっさりした味になる。
  • マーガリンの半量をショートニングにするとさらにサクサクになる!
  • 甘いコーンフレークを使う場合は、砂糖を10g減らすとよい。
  • 生地を分けて並べるのがお手間な場合、生地を天板に平らに流し、できあがってから割ってもよい。

レシピ提供:栄養士 功刀あつみ先生
レシピ監修:料理家・洋菓子研究家 奥秋曜子先生

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

今回は、少ない材料で作ることができる「コーンフレーククッキー」に挑戦!
久しぶりのお菓子作りで楽しみでした。
お菓子作りは分量が決め手となるのですが、 正確に計るのは弱視の私には一苦労…。
ルーペを使って何とか分量通りにしました。 その後は、材料を混ぜて焼くだけなので簡単です。
焼きあがると、ほんのり焦げたいい香りがしました。 私は「コーンフレーク」ではなく身体に良い「玄米フレーク」を使ったのですが、 もともと「さつまいも味」だったので、できあがったクッキーは少し甘すぎました…。 もう少し砂糖の量を減らしてもよかったようです。
家族の感想は「おいしいけど、少し甘すぎるかも」とのこと。 すぐに食べるのをやめてしまうのかと思っていたら、 意外と次から次へと手が伸びていました(笑)。
今度は、アーモンドやくるみなどを入れて作ってみたいと思います。
みなさんも、お手軽クッキーを作ってみてはいかがでしょう。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介