メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

デコレーション寿司

2015年4月1日掲載

デコレーション寿司

お祝いなどにおすすめ!豪華なケーキ風ちらし寿司

写真:皿の上にちらしずしが丸く3層に盛り付けられている。下から酢飯、かつおぶし、そして炒り卵。また炒り卵の上には、花の形に見えるようにサーモンやボイル海老、いくらが鮮やかにかざられている。

*材料*(15センチの抜けないケーキ型1台分)

【酢飯】

材料 分量
ご飯(パックご飯でもよい) 400g
すし酢 大さじ2

【炒り卵】

材料 分量
4個
みりん 大さじ2
砂糖 大さじ1
2つまみ

【具】

材料 分量
かつおぶし 4つかみ(約12g)
砂糖 大さじ3
醤油 大さじ3

【トッピング】

材料 分量
生食用の茹で海老、サーモンの刺身、イクラ、茹でた絹さやなど お好みで

下ごしらえ

  • かつおぶし、砂糖、醤油を混ぜておく。

作り方

  1. フライパンに、卵を入れて溶きほぐす。
  2. 「炒り卵」用の調味料を加えて火をつける。弱火にして箸でぐるぐると混ぜる。
  3. しばらくすると箸が重くなり、「ねちねち」という音がしてくるので、さらに30秒加熱する。
  4. 火を止めて、冷ましておく。
  5. 次に、温かいご飯を飯台かボウルに入れてすし酢を加え、しゃもじで切るように混ぜたら冷ましておく。
  6. ケーキ型(15センチ)かボウルに、大きめに切ったラップを敷く。
  7. 6.に炒り卵を全部入れて平らにならし、その上に酢飯の半分(200g)を入れ、同様に平らにならす。
  8. かつおぶしを全体に満遍なく散らし、その上に残った酢飯を入れて、手で押さえて詰める。
  9. 型より少し大きいお皿を裏返しにして乗せ、落ちないよう型とお皿をしっかり手で挟み、ひっくり返す。
  10. ラップをはがし、お好みのトッピングを乗せてできあがり。

ワンポイント

  • 飯台は使用前に必ず水で濡らすか、絞ったふきんで拭くと、ご飯がくっついたり、食品の匂いや色が移ったりしなくなる。
  • 「炒り卵」は柔らかい仕上がりなので、かためが好きな方は最後の加熱時間を延ばすとよい。
  • サーモンの刺身を端からくるくると巻くと、バラの花のようになる!
  • 型の代わりに、底の抜けない硬い箱などの入れ物をを使ってもOK

レシピ提供:栄養士 功刀あつみ先生
レシピ監修:料理家・洋菓子研究家 奥秋曜子先生

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

今回は「ケーキ風ちらし寿司」に挑戦です!
普段は、ちらし寿司の素を使って、簡単に作ることが多いので、ちょっぴり気合いを入れて作りました(笑)。
弱視の私にとってこのレシピは、材料を計量スプーンで計るところが魅力的!
細かい目盛を見る必要がないので、ストレスがありません。
ただ、型からお皿に移したときに、形が崩れてしまいました。 それと、サーモンやいくらなどを盛り付けたときに、キレイにできているのか判断に困りました。
できあがりの見た目は、イマイチだったかもしれませんが、食べた家族から「お、なかなかいい味だね」とほめてくれたことが救いです。
これから、入学・入社などお祝い事が増える時期になります。
彩り鮮やかなケーキ風ちらし寿司を作って、食卓に華を添えてみてはいかがでしょう?

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介