メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

ピリ辛の麻婆豆腐

2015年8月18日掲載

ピリ辛の麻婆豆腐

本格的な味わいの麻婆豆腐を家庭で手軽にアレンジ!

写真:ひき肉や豆腐で作られた麻婆豆腐に、輪切り白ネギがトッピングされている様子

材料(2人分)

材料 分量
豆腐 150g
豚ひき肉 150g
テンメン醤 小さじ2
豆板醤 小さじ1から2
しょうが、にんにく 各小さじ2分の1
醤油 小さじ1
紹興酒 小さじ1(日本酒代用可)
鶏がらスープの素 小さじ2分の1(お好みで)
100cc
片栗粉 大さじ1
長ねぎ 約10センチ

下ごしらえ

  • 豆腐はキッチンペーパーに二重に包み、30分から1時間くらいおいて、水切りをしておく。
  • にんにくとしょうがはみじん切りにしておく。
  • 長ねぎはみじん切りか、輪切りにしておく。
  • 片栗粉は大さじ2の水に溶いておき、使う直前にもよく混ぜる。

作り方

  1. フライパンか鍋に、ひき肉、しょうが、にんにく、醤油、テンメン醤、豆板醤、紹興酒を入れて、全体が調味料とよく絡むようスプーン等でまんべんなく混ぜる。
  2. 火をつけ、強めの中火にして混ぜながら5分くらい加熱する。
  3. いい香りがしてきたら水と、鶏がらスープの素を入れて、ぐつぐつと音がするまで煮る。
  4. 豆腐を包丁で切るか、手で一口大に崩して鍋に入れ、軽く混ぜる。
    再度ぐつぐつと音がするまで煮て、一旦火を止める。
  5. かき混ぜながら水溶き片栗粉を少しずつ加える。
  6. 手ごたえが少し重くなったらもう一度火をつけ、ぐつぐつと音がするまで加熱して、長ねぎをトッピングしてできあがり!

ポイント

  • 豆腐は水切りをするとくずれにくくなる!
  • 豆腐を入れてからは、くずれないように底をすくうように優しく混ぜるとよい。
  • 辛い物が好きな方は豆板醤を多めに入れる。

レシピ提供:栄養士 功刀あつみ先生
レシピ監修:料理家・洋菓子研究家 奥秋曜子先生

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

暑い時期は、食欲がなくなりがち。 そんなときにおすすめなピリ辛の「麻婆豆腐」を作ってみました。 辛い食べ物は食欲をそそるので、夏バテ対策にピッタリです。
作り方はとても簡単!
具材を炒めて混ぜ合わせるだけです。 かかった時間はだいたい20分くらいで、あっという間にできあがりました。 夏は長時間キッチンに立っていると、暑くて料理するのがおっくうになります…。 このレシピであれば簡単で、時間も短縮です!
気になるお味は、豆板醤の辛さが絶妙で、お箸がすすむおいしさ!
私は、木綿豆腐を使ったので、しっかりとした食感に仕上がりました。 絹ごし豆腐を使うと、つるんとしたのど越しになるそうです。 食べた家族から「ピリ辛でうまいね」と言われ、なかなか好評でした。 みなさんも、お手軽麻婆豆腐を作ってみてはいかがでしょう。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介