メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

カッテージチーズケーキ

2015年9月8日掲載

カッテージチーズケーキ

カッテージチーズを使ったお手軽ベイクドチーズケーキ

写真:香ばしく焼きあがったカッテージチーズケーキ

材料【紙製パウンド型1台分<底(65ミリ×175ミリ)×高さ45ミリ>】

材料 分量
ビスケット 30g
バター 大さじ1
カッテージチーズ 150g
砂糖 50g
1個
薄力粉 大さじ2
生クリーム 100ml
レモン汁 大さじ1

下準備

  • ビスケットは厚めのビニール袋に入れて、麺棒等で叩いて細かくしておく
  • バターは冷蔵庫から出して、常温に戻しておく
  • 卵は溶きほぐしておく
  • オーブンを170度に温めておく

作り方

  1. 砕いたビスケットの入った袋の中にバターを入れ、バターを溶かすように全体がしっとりするまで、手で揉み混ぜる。
  2. 1を型に入れ、ラップを乗せて、手でぎゅっと押しながら敷き詰める。
  3. ボウルにカッテージチーズと砂糖を入れ、泡だて器で約1分ぐるぐると混ぜる。
  4. 溶いた卵を2回に分けて入れ、その都度20秒ほど良く混ぜる。
  5. 薄力粉をザルなどで振るいながら入れ、大きく底をすくうようなイメージで約1分混ぜる。
  6. 生クリームとレモン汁を加え、全体がなめらかになるよう1から2分よく混ぜる。
  7. 型に流し入れ、温めておいたオーブンで40分焼く。
  8. 粗熱を取り、冷蔵庫で冷やしてできあがり。

ポイント

  • カッテージチーズは、しっかりとした食感が好きな方はそのままのタイプ、なめらかな口当たりの好きな方は裏ごしタイプを使うと良い
  • ビニール袋に薄力粉を入れ、約10秒振るとふるいにかけたようになる
  • 気温が低い冬の時期など、バターが硬い場合には、電子レンジ500wで約20秒加熱すると溶けやすい

レシピ提供:栄養士 功刀あつみ先生
レシピ監修:料理家・洋菓子研究家 奥秋曜子先生

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

今回はベイクドチーズケーキに挑戦!
これまでにも、何度かチーズケーキのレシピを紹介してきましたが、材料を混ぜて冷やして作ることがほとんどで、焼いて作るのは初めてだったと思います。
作り方は、とても簡単!
分量通りの材料を混ぜて焼くだけです。
材料を計量する際、弱視の私はビスケット、カッテージチーズ、砂糖はルーペで確認しながら計量機を使いましたが、その他は、計量スプーンを使うのでラクでした。
ビスケットを砕いてバターをなじませる部分は、ビニール袋を使うので、手が汚れることがありませんし、後片付けもスムーズ!
できあがりは、こんがり焦げ目がつき、お味もレモンの酸味がほどよく効いてとてもおいしかったです。 私の中では、今までで一番おいしかったといっても過言ではありません(笑)。
カッテージチーズは、クリームチーズよりカロリーが抑えられているそうですが、濃厚なチーズの味わいが楽しめ、十分満足です!
みなさんも、カッテージチーズを使ったヘルシーなベイクドチーズケーキを作ってみてはいかがでしょう。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介