メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

フランス風かぼちゃのグラタン

2015年12月15日掲載

フランス風かぼちゃのグラタン

ホワイトソース作りを省略したお手軽グラタン!

写真:スライスされたかぼちゃが耐熱容器でこんがりと焼けている様子。粉チーズをトッピングしています。

材料(4人分)

材料 分量
かぼちゃ 4分の1個
ベーコン 2から3枚
生クリーム 200ml
にんにく 1かけ
ローリエ 1枚
ナツメグ 適宜
塩・こしょう 適宜
粉チーズ 適宜

下準備

  • かぼちゃは、5から7ミリの厚さに切っておく
  • ベーコンは、3から4ミリ幅に切っておく
  • にんにくはつぶしておく

作り方

  1. 厚手の鍋かフライパンに、生クリーム、ローリエ、にんにく、ベーコン、かぼちゃを入れて中火にして、生クリームが半分程度になるまで煮詰める。
  2. ローリエとにんにくを取り出し、ナツメグ、塩、こしょうで味を調える。
  3. バターを塗った耐熱容器に2.を入れ、上に粉チーズをふり、グリルやオーブントースターで5から8分程度焼く。
  4. 表面にこんがりと焼き色がついて、香ばしい匂いがしてきたらできあがり。

ポイント

  • かぼちゃが切りにくい場合、電子レンジ600Wで20から30秒加熱すると切りやすい
  • 冷凍のかぼちゃを使う場合は、1.で材料を入れる手順を変更する。
    まず生クリーム、ローリエ、にんにく、ベーコンを入れて中火で加熱し、沸騰してから かぼちゃを入れる。
  • 粉チーズの代わりにパルミジャーノ・レッジャーノを使うとさらにおいしくなる

レシピ提供:栄養士 功刀あつみ先生
レシピ監修:料理家・洋菓子研究家 奥秋曜子先生

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

今回は、「フランス風かぼちゃのグラタン」に挑戦です。
グラタンというと、小麦粉・バター・牛乳でホワイトソースを作るのが一般的だと思いますが、このレシピは「生クリーム」を使うことで簡単に仕上げています。フランスの郷土料理としてよく作られているそうです。
作り方は、具材と生クリームを煮込んで焼くだけなのでとてもシンプルです。 具材を煮込んでいたら、少し火力が強かったのか、ベーコンが焦げ付いてしまいました…。
ゆっくりとかき混ぜることがコツなのかなと思います。
それでもできあがりは、チーズの香ばしさが食欲をそそり、いい感じに仕上がりました。 お味も、かぼちゃの甘さとベーコンの塩加減がちょうどよくておいしい!
食べた家族からも「かぼちゃが意外とうまいね」と好評でした。
かぼちゃにはβカロテンが豊富に含まれていて、風邪の予防にぴったりです!
これから、クリスマスや年末にホームパーティを考えている方も多いかもしれません。 そうした方におすすめな「おもてなし料理」です。
みなさんも、手軽にできる「かぼちゃのグラタン」を作ってみてはいかがでしょう。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介