メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

カップ・レアチーズケーキ

2008年12月5日掲載

カップ・レアチーズケーキ

濃厚クリームチーズがたまらない!なめらかレアチーズケーキ

写真:透明のティーカップに入った「カップ・レアチーズケーキ」。カップが透明なため、下からコーンフレーク、ベリージャム、レアチーズが層になっている様子が見えている。一番上には飾りとしてミントの葉とラズベリーの実がひとつそえてある。

材料(コーヒーカップ4から6個分)

材料 分量
クリームチーズ 200g
砂糖 大さじ3から4
レモン汁 小さじ2
バニラアイスクリーム 1個(120gから150g)
粉ゼラチン 5g(1袋)
牛乳 100ml(2分の1カップ)
コーンフレーク 各カップに大さじ1
好みのジャム 各カップに小さじ2
飾り用ラズベリーやミントの葉 各適量

下ごしらえ

  • アイスクリームは、冷凍庫から出し、溶かしておく。指がスーッとカップの底に入るくらいの固さに溶かす。
  • クリームチーズは、マヨネーズくらいの固さになるように、冷蔵庫から出して、常温に戻しておく。
    【電子レンジで加熱する場合】
    焦げないように、耐熱のボウルに入れ、ラップをふわっとかけて、500Wで30秒から40秒加熱し指がスーッと入るくらいにする。まだ固い場合は、10秒ずつくらい加熱する。

作り方

  1. 粉ゼラチンは、大さじ3の水に振り入れて、ゼラチンに水を吸わせる。だいたい5分くらいすると、サラサラだったゼラチンが水をすって、固まったようになる。
  2. 牛乳を70度くらいまで温める。鍋の縁と同じくらいの高さに手をかざした時、手のひらに蒸気が上がってくるように感じたら火を止める。電子レンジで温めてもよい。
  3. 牛乳を冷ましている間に、クリームチーズを泡立て器などで、なめらかになるまで混ぜる。次に砂糖を加え、砂糖のシャリシャリとした感じがなくなるまで混ぜる。次にレモン汁を加えて混ぜる。
  4. 溶けたアイスクリームを4に混ぜ、泡立て器がなめらかに動くようになるまで混ぜる。
  5. 冷ました3の牛乳を加え、よく混ぜる。
  6. カップにコーンフレークを大さじ1くらい入れる。その上に好みのジャムを小さじ2くらい入れる。そして、その上に6をカップの8分目くらいまで入れる。カップの縁に指をかけ、第1関節くらいのスペースを空ければ、だいたい8分目。最後に、好みで、ミントの葉やラズベリーなどを中心に飾る。
  7. 冷蔵庫で1時間くらい冷やして固めてできあがり。

レシピ提供:料理家・洋菓子研究家奥秋曜子先生

ワンポイントアドバイス

今、はやりの「カップスイーツ」のように仕上げている。もちろん、大きい型に流し入れて固めてから切り分けてもOK。
ジャムは好みの種類を選び、コーンフレークの代わりに、カステラをちぎってもクッキーをくだいて使っても良い。

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

今回はレアチーズケーキに挑戦!チーズケーキは大好きという方も多いのでは? 私もその一人です(笑)。 材料を温めたり冷ましたりしながら、最後は冷やして固めて簡単に作れる一品。 チーズケーキにアイスクリーム?と最初はびっくりでしたが、 甘くてコクのある味わいに仕上がりました。 カップの底に入れたコーンフレークもしっとりとしてクリーミーなチーズとよく合います。 レモン汁を入れ忘れてしまいましたが、美味しく仕上がりました! なぜか、いつも材料を1つぐらい忘れてしまう私…。 そろそろ、忘年会やクリスマスなどが近づき、自宅でホームパーティをするという方も多いのではないでしょうか。 そんなとき、お気に入りのコーヒーカップなどを使って、話題のカップスイーツをみなさんにふるまってみてはいかが?


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介