メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

鶏肉のピザ風ソテー

2008年12月19日掲載

鶏肉のピザ風ソテー

ジューシーな鶏肉にマヨネーズのまろやかさがマッチしたおもてなし料理!

写真:鶏肉の上にピザソースとマヨネーズをぬり、ピーマンと玉ねぎをトッピングして、こんがり焼きあげた鶏肉のピザ風ソテー。一緒にクレソンなどの野菜が添えられている。

材料(4人分)

材料 分量
鶏肉(できればもも肉) 4枚(1枚:200から250g)
日本酒 大さじ4
ピザソース 大さじ4(ない場合トマトケチャップで代用可)
マヨネーズ 大さじ8
ピーマン 1個
玉ねぎ 4分の1個

下ごしらえ

  • 鶏肉の皮目にフォークで10箇所ほど穴をあけて、縮みを防ぐ。肉のほうに返し、厚い部分は、厚みの半分くらいまで包丁で切り込みを入れ、熱を入りやすくする。
  • ピーマンのヘタと種を取って、細く切る。
  • 玉ねぎは薄くスライスする。

作り方

  1. 鶏肉は日本酒をまぶし、耐熱皿に重ならないように並べ、電子レンジで加熱する。できれば、2枚ずつ加熱する。ラップをふわっとかけ600ワットで2分ほど加熱する。完全に火が通っていなくてもよい。
  2. 1枚ずつ水気をふきとり、ピザソース→マヨネーズの順に皮目にぬる。
  3. その上にピーマンと玉ねぎを散らす。
  4. オーブントースターの受け皿にアルミホイルをしいて、その上に3をのせる。
  5. こんがりと焼き色がつくまで焼く。普通のオーブントースターだと4から5分くらい。
  6. 最後につけ合わせの野菜を添え、盛り付けてできあがり。

レシピ提供:料理家・洋菓子研究家奥秋曜子先生

ワンポイントアドバイス

鶏肉のように火の通りにくいものは、フライパンでソテーすると、焼き時間が長くなり焦げてしまうことも多い。 いったん電子レンジで加熱して簡単に火を通しておいてから、ソテーをすると焦がしてしまうなどの失敗が減りおすすめ。
ピザのように、トッピングをいろいろ工夫してもOK。

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

鶏肉って火が通りにくいですよね、私は普段なるべく失敗しないように焼くよりも、煮物やスープなど 煮ることを中心に料理します。 今回はレンジとオーブンを使うので、しっかりと火が通りそう! ピザ風ソテーということもあり、手間がかかるのかと思いきや、そんなこともありません。 ケチャップとマヨネーズを使うだけであっという間にピザ風ソテーの完成! 珍しく材料も全部そろえることができ、お味もバッチリ! マヨネーズとケチャップのバランスが絶妙で、何ともいえない美味しさです。また、チャレンジしてみようと思います。 チーズをのせたらさらにピザに近づきそう。みなさんも、大勢でワイワイ食べるときなどにおすすめですので、作ってみてくださいね。


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介