メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

明太モッチー

2009年1月9日掲載

明太モッチー

とろーりチーズとピリ辛明太子が絶妙なハーモニーのモチモチお餅

写真:餅の上にチーズと明太子を乗せてほどよく焼いた明太モッチー。

材料(切り餅4から6個分)

材料 分量
切り餅(市販) 4から6個
辛子明太子 2分の1個(50g前後)、たらこ代用可
スライスチーズ 2から3枚(とろけるタイプでも良い)

作り方

  1. 辛子明太子1本を4から6等分に餅の枚数に合わせて切る。
    冷凍庫に15分ほど入れ、半冷凍の固くなった状態にすると包丁で簡単に切れる。
  2. スライスチーズを半分の大きさに切る。
    冷蔵庫から出したてなら、手でちぎれる。
  3. 切り餅の上にチーズをのせ、その上に切った辛子明太子を置く。
    このとき、明太子が崩れてしまっても問題ない。
  4. オーブントースターか、200度温めたオーブンで5分ほど焼き、そのままスイッチを切り2分ほど蒸らすようにしてから、取り出す。
  5. 焼きたては熱いので、注意して皿に盛りつける。

レシピ提供:料理家・洋菓子研究家奥秋曜子先生

ワンポイントアドバイス

アルミホイルにフッ素樹脂加工が施されているものは、餅やチーズのようなくっつきやすいものもきれいに取り出せる。
例:「クックパーきれいにはがせるホイル」(旭化成ホームプロダクツ(株)) ただし、電子レンジには使えません。
グラタン皿のような耐熱の容器に入れて焼けば、取り出す時がラクラク。

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

今回のメニューは「明太モッチー」です。お餅を明太子とチーズでアレンジ! しかも、お餅の上に材料を乗せてオーブンで焼くだけのお手軽料理なんです。 初めて知ったんですが、明太子やたらこって2本で1腹になるとのこと。ご存知でしたか? ワンポイントアドバイスにもあるように、私はグラタン皿を使用し、 お皿に盛り付ける手間を省いて、取り出しも簡単にしちゃいました。 焼く時間を少し多めにして8分ほど焼くと、お餅の外側がカリッとし、中はもっちりふわふわに! ちょっとピリ辛明太子とチーズがこれまたよく合い、お酒のおつまみにもなるかも? 和とイタリアンが融合した創作お餅料理といったところでしょうか。 お正月のお餅がたくさん残って困っている方にはおすすめですよ。 マンネリ化したお餅料理から脱出してみてはいかが?


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介