メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

クルマロショコラ

2009年2月6日掲載

クルマロショコラ

くるみとマシュマロの食感が絶妙なしっとりチョコレート

写真:チョコレートにクルミとマシュマロを混ぜて固めたクルマロショコラ。

材料(ココット3から4個分)

材料 分量
チョコレート 200g
生クリーム 大さじ2
無塩バター 30g
くるみ(ローストしてあるもの) 30g
マシュマロ 30g

作り方

  1. チョコレートは、溶かしやすいように細かく手でちぎるか包丁で刻む。
  2. 耐熱容器に生クリームと1のチョコレートを入れ、電子レンジでまず、600ワットで30秒くらい加熱する。 ゴムベラなどで、さっと混ぜさらに30秒ずつくらい加熱し、完全になめらかになって手ごたえがなくなるまで溶かす。
    この時、ラップはしない。
  3. バターを細かくちぎりながら加え、予熱で溶かす。
  4. くるみは、手で細かくくだき、加える。マシュマロは、大きい場合は半分にちぎって加える。
  5. 容器に、オーブンペーパーをきっちりと敷き、その中に4を流し入れ、表面が平らになるように、容器ごと持って、トントンと軽く底をたたく。
  6. 常温でゆっくりと固める。こうすると表面が白っぽくなったりしない。だいたい1日くらいかけて、完全に固める。
  7. 固まったら、好みの大きさに切る。包丁で切る場合は、包丁を少し温めて切るとよい。

レシピ提供:料理家・洋菓子研究家奥秋曜子先生

ワンポイントアドバイス

容器はプラスチックの保存容器や弁当箱、お菓子の缶や箱などにすると小分けできてチョコレートを切らなくてもよい。
くるみの代わりに、シリアルやコーンフレークなどでも美味しい。

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

2月になりましたね。今月はバレンタインがあるということから、 手作りチョコ応援企画(?)として「クルマロショコラ」に挑戦です。 チョコを溶かしてお好みの具財を入れて固めるお手軽チョコ。 らくらくと思って作っていると、大変なミスを…。 電子レンジで30秒加熱というところを、3分にしてしまったんです。 途中で、芳ばしいチョコの匂いがしてきたので、慌ててとめました。 そこから、短い時間でこまめに加熱し、ゴムベラで混ぜて何とか持ち直したのです。 それでもできあがったチョコはしっとり上品な味! 私はくるみの代わりにコーンフレークを入れてみたのですが、サクッとした食感がチョコに合って美味しかったです! 家族に失敗したことは内緒にしていましたが、「これ、甘さも硬さもちょうどいいね」と気づいていない様子。 また、作ってほしいとのことでした。 みなさんも、ちょっと失敗しても美味しく仕上がるので手作りチョコにチャレンジしてみてはいかが?


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介