メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

春キャベツの重ね蒸し

2009年4月3日掲載

春キャベツの重ね蒸し

やわらかキャベツととろけるチーズが絶妙な味わいのヘルシー料理♪

写真:ベーコン、じゃがいも、キャベツ、チーズの順番に食材を重ねて蒸し焼きにした、春キャベツの重ね蒸し。キャベツの綺麗なグリーンとベーコンのピンクが映えている。

材料(4人分)

材料 分量
キャベツ 大3から4枚(約150g)
じゃがいも 2個(約200g)
ベーコンスライス 3から4枚(約50g)
とろけるタイプのチーズ 50g
塩・こしょう 適量

作り方

  1. キャベツは洗って、あまり水気を切らずに一口大にちぎるか包丁で切る。
  2. じゃがいもは皮をむき、5から8ミリの厚さに切る。水に5分くらいつけてアクを取り軽く水気を切る。
  3. ベーコンは1から2センチ程度の幅に切る。
  4. 蓋のできる底の厚い鍋かフライパンに、油も何も敷かず材料を重ねていく。
    順序は、まずベーコンを底一面に重ならないように並べ、その上にじゃがいもを並べ、軽く塩とこしょうをふる。その上にキャベツを並べ、チーズを上からふりかけるように平らに並べる。
  5. 蓋をして火にかける。シューという音がして、蓋が水蒸気でくもってくるまでは中火で、その後は弱火で13から15分蒸し焼きにする。

レシピ提供:料理家・洋菓子研究家奥秋曜子先生

ワンポイントアドバイス

野菜はあまり水気を切らなくてもよい。
重ねる順番が重要。ベーコンは一番下に敷くことで油の代わりになり味も出る。その上には、火の通りにくいジャガイモ、チーズは焦げやすいので一番上にする。 音がしてきて、蓋が水蒸気でくもってきたら、「弱火」でじっくり火を通す。
電子レンジでもOK。耐熱容器に同じ順番で重ねふわっとラップをして加熱する。

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

今回は、春キャベツの甘みを活かしたシンプルな調理に挑戦。 油で炒めずに、重ねて野菜から出る水分で「蒸し焼き」にするためヘルシーに仕上がります。 最初、油を使用しないということで、「焦げたりしないかな?」と心配でしたが、 キャベツから水分が出ていて焦げることなく作ることができました。 しかも、かき混ぜる必要もありませんし、火にかけた後はできあがるのを待つだけという手軽さ! ただ、お鍋からお皿に移すとき、形が崩れてしまったのが残念でした…。といっても、お味の方は 何の問題もありません(笑)。 素朴な味わいなのですが、キャベツとじゃがいもとベーコンにチーズがよく合って美味しいです! スイートコーンなどを入れても美味しそう。お好みで、パセリをふったり、トマトケチャップをかけるのもいいかもしれません。 調味料を変えて自分好みの味にアレンジして作ってみてください!


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介