メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

グリーンピースとエビの塩炒め

2009年4月17日掲載

グリーンピースとエビの塩炒め

旬のグリーンピースとプリプリエビの食感が楽しめる中華料理

写真:グリーンピース、海老、きくらげ、ネギを一緒に炒め、にんにく、塩、紹興酒で味付けしたグリーンピースとエビの塩炒めが白いお皿に盛り付けられている。エピのピンクとグリーンピースの緑が綺麗な色合い。

材料(4人分)

材料 分量
グリーンピース 150g(茹でた大豆、枝豆、そら豆代用可)
むきエビ 300g
長ネギ 1本
乾燥きくらげ 5g
にんにく 1かけ
中華スープの素 小さじ1
100ml
紹興酒 大さじ1(なければ日本酒)
片栗粉 小さじ1
塩・こしょう 適量

下ごしらえ

  • むきエビは、冷凍のものをだいたい15尾から20尾くらい用意し流水で解凍する。 背ワタと殻を取り除きボウルに入れておく。
  • きくらげは、たっぷりの水に10分ほどつけて戻し水気を切っておく。

作り方

  1. むきエビの臭みをとるために、塩小さじ1くらいと片栗粉を大さじ1くらいもみこむ。 水を3回くらい替えて洗い、ザルにあけて水気を切る。
  2. グリーンピースは、鞘からはずし熱湯で3分くらい茹でる。ザルにあけて水気を切る。
  3. 長ネギは1センチくらいの小口切りにする。にんにくは半分に切り芽と根を取る。
  4. 中華スープの素と水と片栗粉をボウルで混ぜる。
  5. フライパンか炒め鍋に油大さじ2と、半分に切ったにんにくを入れて火をつける。シューっという音がして、にんにくの香りがしてきたら、エビを炒める。最初は音が小さいが、火が通って色が変わってくると、音が大きくなる。
  6. シャーっという音が大きくなってきたら、グリンピース・長ネギ・きくらげの順に加え、そのつど、さっと混ぜるように強火で炒める。
  7. 紹興酒または日本酒を入れ、シャーっという音がしたら、4を加え、塩・こしょうで味を整える。

レシピ提供:料理家・洋菓子研究家奥秋曜子先生

ワンポイントアドバイス

エビもグリーンピースも冷凍のものを使う場合は、茹でてあるため下準備がラクラク。
エビ以外は火が通っていたり、生でも食べられるものなので、炒めすぎないのがコツ。いためすぎるとエビが硬くなるので注意!

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

春を象徴するグリーンピースを使用しての中華料理にチャレンジです! が、グリーンピースがなかったので、枝豆で代用しました。 エビは冷凍むきエビを使用したため、殻や背ワタをむく必要がありません。 枝豆を鞘から外すのは少々手間がかかりますが、何だか楽しかったです(笑)。 今回は、炒めるとき「音」を目安にして材料を入れるので、弱視の私にもタイミングがわかりやすく、安心して作ることができました。 エビも炒めすぎなかったため硬くならずプリプリの食感です。 しかし、少し塩味が強くなってしまいました…。エビに下味をつけるときに塩が多かったのかもしれません。 それでも私の家族は「しょっぱいけど美味しいよ」と残さずに食べてくれました。 今度は、塩加減に注意して作ってみようと思います。 みなさんも、調味料の加減には十分注意して、挑戦してみてくださいね。 旬のグリーンピースとエビを使って季節感たっぷりの中華料理を味わってみてはいかがでしょう?


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介