メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

南部風フライドチキン

2009年5月8日掲載

南部風フライドチキン

一工夫でやわらか絶品のフライドチキンに!アメリカ南部の家庭料理を味わおう

写真:器の中に、鶏肉にころもをつけてカラッと揚げたフライドチキンが入れてある。フライドチキンの上の真ん中にミニトマト、回りにパセリとレモンが添えられている。

材料(4人分)

材料 分量
手羽中骨付き鶏肉 12本(骨なしの鶏もも肉なら500gくらい)
無糖ヨーグルト 大さじ3
カレー粉(パウダータイプ) 小さじ1
塩・しょうゆ 各小さじ1
薄力粉 大さじ3から4
1個
パン粉(乾燥) 150g程度
ミニトマト・レモン・パセリ お好みで

下ごしらえ

  • 鶏肉は前の晩にヨーグルトとカレー粉を合わせたものをよくもみこみ、そのまま袋などに入れてつけておく。こうすると、肉が冷めてもやわらかく仕上がる。
  • 卵を溶きほぐしておく。

作り方

  1. 揚げる前に一晩つけておいた鶏肉に塩としょうゆをもみこむ。
  2. 鶏肉に薄力粉、溶き卵、パン粉の順につけていく。
  3. 170度に温めておいた油で揚げる。
    骨付きの場合はだいたい時間にして7から10分、骨なしの場合は5から6分。
    肉の大きさによって異なるので、音が静かになり、細かい泡が少なくなったら取り出す。

【油で揚げない方法】
オーブンの場合…パン粉に大さじ3の油を混ぜておき、2まで同じ方法でつける。オーブンペーパーを敷いた天板に衣をつけた肉を並べ、170度のオーブンで15から20分焼く。
オーブントースターの場合…焦げやすいので、卵とパン粉はつけずに、2のあと、薄力粉のみをもみこむようにつけ、アルミホイルをしいたオーブントースターの網の上に肉を並べ、その上にふわっとアルミホイルをかぶせ、10から15分焼く。

レシピ提供:料理家・洋菓子研究家奥秋曜子先生

ワンポイントアドバイス

揚げる時にパン粉の一部をとって油に入れ、温度(170度)を確認すると良い。目安としては、いったんパン粉が沈んでから浮き上がってくるくらいになれば約170度。音で判断するときは、パン粉を入れたときには音はなく、その後すぐにシャーっという音がしてくることを目安にする。
衣のパン粉は、できるだけ細かいほうが良い。細かいパン粉がない場合は、ザルなどでパン粉を濾すようにする。
オーブンで焼いたほうが、カロリーは少なくヘルシー。
骨付きの場合は、あまり高くない温度でゆっくりと揚げる。

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

あの有名な「ケンタッキーフライドチキン」のルーツとも言われるポピュラーなアメリカ南部の家庭料理です。 外はカリッと中はジューシーなフライドチキンが自宅でお手軽にできたらうれしいですよね。油で揚げることが苦手な私は、オーブンでフライドチキンに挑戦! オーブンで20分くらい焼いたのですが、少し時間が足らなかったようなので、もう10分くらい焼いてみました。 お肉の量とオーブンの種類によっても焼き具合は変わってくるので、目安時間を自分なりに調節するといいと思いますよ。 お肉をヨーグルトに漬けたことなんてなかったので、どんな風味になるんだろうと思っていましたが、できあがったチキンは味も香りも全く問題ありません。 しかも、お肉がやわらかくなるんです。 お味は、カレー風味が効いてちょっぴりスパイシー!冷めてから食べても、「やわらかくて美味しいよ」と家族が言っていました。 今度、お弁当のおかずに作ってみようと思います。 みなさんも、フライドチキンをお弁当に入れて、外でさわやかなランチタイムを過ごしてみてはいかが?


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介