メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

トマトとオイルサーディンのサラダ

2009年6月5日掲載

トマトとオイルサーディンのサラダ

栄養豊富なオイルサーディンとトマトを使ってお手軽ヘルシーサラダ!

写真:青いお皿にオイルサーディンとトマトを敷き、その上に大根おろし、青じその葉をのせている。

材料(4人分)

材料 分量
トマト 2個
大根 15センチくらいの長さ
青じその葉 10枚
オイルサーディン 1缶(ツナ缶やサバの水煮缶で代用可)
市販のすし酢 大さじ2から3

*オイルサーディン…いわしを油漬けにしたもの

作り方

  1. トマトはヘタを取り、平らなほうを下にして8等分に切る。
    ミニトマトなら、10個くらいでヘタをとってそのまま使う。
  2. 大根おろしを作る。大根は皮のすぐ近くに固い繊維があるので厚めに皮をむく。(おろす時に筋っぽくなることを防ぐため)
    ピーラーを使う場合は3周くらいむいて、縦にしておろし金でおろす。セラミック製のおろし金は、すべらずとがっていないので、安全におろせる。
  3. 青じその葉は、ヘタをとり10枚重ねて手前からくるりと巻くようにしてから細く切ると切りやすい。細い千切りにしてから水に5分くらいつけるとパリッとする。その後水気をしぼる。
  4. オイルサーディンは油を切り、大きいものは手で半分くらいに分ける。
  5. 皿にトマトとオイルサーディンを重ねるようにして盛り付け、その上に大根おろしをかける。最後に青じその葉を一番上に飾るようにのせる。
  6. 食べる直前に酢をかけてできあがり。

レシピ提供:料理家・洋菓子研究家奥秋曜子先生

ワンポイントアドバイス

オイルサーディンは、骨ごと食べられるのでカルシウムの補給ができ、脳の働きに良いと言われているDHAも摂取できるので、手軽で栄養豊富な食品。
今回は、色を綺麗に出すため、市販のすし酢を使用。お好みで、ポン酢やドレッシングをかけてもOK。

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

今回は、トマトとオイルサーディンのサラダに挑戦です。「オイルサーディン」と聞いて、「何だろう?」と思ったのは私だけでしょうか…。 家族に話すと、「あー、いわしの缶詰のことでしょ?美味しいよね」とすぐにわかった様子。 なんだか少し悔しかったのと、いわしの缶詰の代わりにツナ缶でもできるということなので、ツナ缶を使って作ることにしました(笑)。 特に火を使ったりすることもなく、切った材料を盛り付けていくだけというお手軽サラダ。 大根おろしにツナとトマトが良く絡み合って、まろやかな味わいです。青じその風味がサッパリ感を引きだします。 最後に酢をかけるとより味が引き締まるのでおすすめですが、酸味が強すぎて苦手という方はポン酢やドレッシングを代わりにどうぞ! 憂鬱になりがちな梅雨時期は、サッパリとした味わいのサラダを食べて、気分をスッキリさせてみませんか?


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介