メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

水ようかん

2009年8月21日掲載

水ようかん

みずみずしい「和」の雰囲気が涼しさを引き立てる素朴な甘さの水ようかん

写真:四角い皿の上に笹の葉を敷き、その上に水ようかんが2つ置いてある。

材料(作りやすい分量)

材料 分量
こしあん(市販) 500g
400ml(2カップ)
粉寒天 1袋(4g)

作り方

  1. こしあんを大きめのボウルに入れ、へらかしゃもじで練るようにしてほぐしておく。
  2. 鍋に水2カップと粉寒天1袋を入れ、よく混ぜる。次に火にかけ、中火で沸騰させる。ふつふつと音がしてくるので、絶えずかき混ぜる。音と泡が大きくなってきたら、火を弱め2分間かき混ぜ続ける。
  3. 火を止め、1.のボウルに加え、なめらかな感触になるまで混ぜる。
  4. 容器をいったん水でぬらし、水気をあまり切らずに3.の生地を流し入れる。
  5. 寒天は常温でも固まるので、そのまま静かに置いておき、固まってから冷蔵庫に入れて冷やしてできあがり。

レシピ提供:料理家・洋菓子研究家奥秋曜子先生

ワンポイントアドバイス

・市販のこしあんを使うことで、簡単に作れる。
・プリンの型などに小分けして入れても良い。
・型からはずす時は、どこか一か所に空気を入れるような感覚で、生地を型からはがすようにし、逆さにすると取り出しやすく、切る時は包丁を濡らすと切りやすい。

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

今回は、季節感のある夏向きのお菓子「水ようかん」に挑戦! 普通のようかんと水ようかんの違いは、水ようかんのほうが水分が多くさっぱりとしていることです。 「水ようかん」を作るのは初めてで、うまくできるかなとドキドキしながら作りました。 材料も少なく、溶かして混ぜて固めるだけのシンプル調理。 こしあんに入っている砂糖だけで、丁度良い甘さに仕上がります。 お味は、甘すぎずみずみずしいなめらかな食感で心が和む美味しさ! 暑さで疲れた身体を癒してくれる和み系デザートです。 ガラスの器などに水ようかんを入れて温かいお茶と一緒に召し上がって、 ほのぼのとしたおやつタイムを過ごしてみてはいかがでしょう?


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介