メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

チョコレート・フォンデュ

2008年2月1日掲載

チョコレート・フォンデュ

好きな具材をつけて、お鍋のようにみんなで楽しく食べることのできるチョコレート。心も体も温まる癒し系!

写真:季節のスイーツ、いちごにフォンデュをかけて。とろーり美味しいチョコの出来上がり。

材料(4人分)

材料 分量
チョコレート 200g(注1)
生クリーム 大さじ4(注2)
マシュマロ 約12個
バナナ 1本(注3)
フランスパン 厚さ1センチくらいのものを約8枚。

注1:親指の爪くらいに包丁で切るか、手で割っておく。
注2:牛乳で代用の場合は、大さじ2。
注3:バナナは、2センチくらいの厚さに切っておく。
*これらの材料のほかに、いちごや、キャラメルなど、好みのものを選んで。

用意するもの

  • 耐熱の容器(電子レンジにかけられる材質のもの)
  • 竹串か、金串
  • ゴムベラか、スプーン

作り方

  1. 耐熱の容器にチョコレートと生クリームを入れ、ゆっくり溶かす。
    • 「電子レンジ」の場合
      30秒くらい加熱し、スプーンかゴムベラで混ぜ、溶けていなかったら、また30秒くらい加熱する。少しずつ加熱していくのがコツ。
      *急に高い温度でチョコレートを溶かすと分離するので注意。
    • 「チョコレート・フォンデュ用の容器」がある場合
      電子レンジと同様、ゆっくりと溶かす。専用キャンドルが付いている場合が多いでしょう。
  2. 好みの具材に串を刺して、チョコレートが温かいうちにつけて食べる。もし、チョコレートが冷めてしまったら、再び、電子レンジで温める。

レシピ提供:料理家・洋菓子研究家奥秋曜子先生

ワンポイントアドバイス

チョコレートと生クリームを溶かす際、急に高い温度で加熱すると分離してしまうため、ゆっくりと少しずつ過熱していく。

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

チョコ・フォンデュは、溶かして自分の好きな具材につけて食べるだけというとてもシンプルなもの。固める作業がない分、すぐに食べることができるし、なんといっても後片付けが簡単!チョコは固まると、なかなか洗っても落ちにくいですものね・・・。でも、容器の中のチョコに具材をつけることによって容器がきれいにピカピカ(笑)! みんなでワイワイ楽しく食べることもできるし、一人で思いっきり食べるのも楽しいのでは?


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介