メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

かんたんローストビーフ

2009年12月7日掲載

かんたんローストビーフ

自宅で手軽に作れるローストビーフでお客様をおもてなし!

写真:お皿に盛りつけられ表面に焼き色がついたローストビーフ。脇にブロッコリーが添えてある。

材料(4から5人分)

材料 分量
牛ひれ肉(塊) 300g
塩・こしょう 各小さじ1
サラダ油 大さじ2

用意するもの

  • ジッパー付きのポリ袋…1枚
  • ラップ…適量

作り方

  1. 肉に分量の塩とこしょうをすりこむようにつける。
  2. 手で粘土の塊を形造るようなイメージで、箱型に近くなるように形を整える。
  3. 大きめの鍋に湯をたっぷり(1500mlから1600mlくらい)沸かしておく。
  4. フライパンに大さじ2くらいのサラダ油を入れ、熱く熱する。
  5. 形を整えた2.の肉を一面ずつ、焼き色をつける。フライパンに肉を入れ、ジューっという音がしたら、そのまま動かさずに1分くらい強火で焼く。次に違う面を同じように焼く。ここでは、焼いて表面を固めるのが目的なので、中まで熱が通らなくても良い。
  6. 全ての面を焼いたら、すぐにラップできっちりとくるむ。ジッパー付きのポリ袋に入れ、空気を抜くように口のジッパーをしめる。
  7. 沸かしておいた3.の湯の中に6.の肉を袋ごと入れ、浮いてこないように、上に皿などをのせ鍋のふたをして、火を止める。
  8. そのまま30分から35分おく。
  9. 肉の入った袋を取り出し、袋に入ったまま氷水につける。ここでも、浮いてこないように、上にさらなどをのせ、10分ほどおく。 (袋の上から肉に触り、完全に冷めたら取り出す)
  10. 完全に冷めてから肉を切る。好みでポン酢やワサビなどを添えていただく。

レシピ提供:料理家・洋菓子研究家奥秋曜子先生

ワンポイントアドバイス

・生の肉を買ってきて自分で作れば、とても安上がり!
・塩とこしょうは、「ちょっと多いかな」と、思うくらいのほうが、おいしい。
・肉は冷めてから切ると切りやすい。
・塊のまま冷蔵庫に入れておけば、2、3日は持つのでおもてなしの時などに便利!
・たくさんの熱湯を使うので、やけどには十分注意。

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

今回は憧れのローストビーフに挑戦です。ちょっと豪華(?)なイメージがあり、作るのがとても楽しみ。 スーパーで「ローストビーフに最適」と弱視の私にでもわかる大きさで書かれたお肉を発見し購入しました。 まるで、私のために売られていると思うくらいのタイミングのよさ(笑)。 作り方はいたってシンプルです。塩・こしょうをつけて焼き目をつけたらお湯の中に入れてしばらくおいておくだけ! もっと手間がかかるのかと思っていたのであっという間にできてビックリです。 お味は、ポン酢につけても美味しいですし、そのまま食べても塩・こしょうが効いてちょうどいい! 外はしっかり焼けていて、中身はやわらかです。 クリスマスや年末年始に向けて、自宅でホームパーティをされる方も多いのでは? あなたもローストビーフを作って、お客様におもてなし料理をふるまってみてはいかが?


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介