メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

トマト鍋

2010年1月8日掲載

トマト鍋

野菜たっぷりで栄養豊富!話題のトマト鍋を作ろう

写真:キャベツ、ブロッコリー、しめじ、茹で卵などたくさん具の入った栄養バランス抜群なトマト鍋。

材料(4人分)

材料 分量
キャベツ 4分の1個
しめじ 1パック
ブロッコリー 2分の1個
アスパラ 4本
茹で卵 4個
鶏もも肉 200g
ほたて 4個
ウインナーソーセージ 4本
250ml
トマトの水煮 1缶
チキンブイヨン 1個
にんにく 1かけ
月桂樹の葉(ベイリーフ・ローリエ) お好みで

下ごしらえ

  • ・ブロッコリーを小房に分け、熱湯で1分くらい茹でておく。
  • ・鍋に卵がかぶるくらいの水と塩を入れ、沸騰してから6から7分茹でる。 水に取りあら熱を取ってから殻をむいておく。(市販のうずらの茹のゆで卵でもよい)
  • ・鶏肉は骨付きのものがあれば、いったん熱湯をかけ臭みを取ってから使う。骨なしの場合は、唐揚げくらいの大きさに切る。

作り方

  1. キャベツは一口で食べられるくらいの大きさに手でちぎるか包丁で切る。
  2. しめじの石突という下の部分を切り、手でほぐす。
  3. アスパラは下3分の1を切り落とし、残りを半分に切る。
  4. 煮込み用の鍋(土鍋や両手鍋)にスープを作る。水にチキンブイヨンと、トマトの水煮缶をつぶしながら缶汁ごと入れて、火にかける。にんにく1かけをしゃもじなどで上から押さえてつぶしてつゆに加える。沸騰したら、にんにくは取り出してもよい。
  5. 切った野菜を下ごしらえしていた材料とともに入れる。順番は関係ない。沸騰したら中火にして野菜が柔らかくなるまで煮込んでできあがり。
  6. 具を食べ終わったら、ショートパスタ(マカロニやペンネなど)を加え、袋の茹で時間の通り煮込むと、「スープパスタ」のようになる。 好みでオリーブ油や粉チーズを加えても良い。
    ごはんを入れる場合は、粉チーズを加えると、「リゾット」のようになっておいしい。また、ご飯と一緒に溶き卵を加えると、「オムライス」のようになる。

レシピ提供:料理家・洋菓子研究家奥秋曜子先生

ワンポイントアドバイス

・今年流行の「トマト鍋」。好きな具材を入れて肉類でも魚介類でもOK。
・少し煮込んだほうが美味しいので、弱火でじっくり火を通すとよい。

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

今回はトマト鍋に挑戦です!トマトダイエットが話題となっていたこともあり作るのが楽しみでした。 具材を入れる順番は関係ないということで、お鍋に次から次へと入れて煮込むだけの簡単料理です。 冬は身体が温まり、野菜もたくさんとれて栄養満点のお鍋がいいですね。 できあがったトマト鍋はさっぱりとした味わい。トマトの酸味が野菜とお肉の旨味を引き出します。 最後にご飯とチーズを加えてリゾット風にして食べました。こちらもとても美味しい! 今年は流行に敏感な(?)家族のためにトマト鍋を作る機会が増えそうです。 みなさんも、ぜひ、トマト鍋を作ってヘルシーな食生活を送ってみてはいかがでしょう?


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介