メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

和風ポトフ

2010年5月7日掲載

和風ポトフ

野菜が豊富で栄養満点!じっくり煮込んだ和風ポトフ

写真:野菜がたくさん入っていて、栄養バランス抜群の和風ポトフ

材料(4人分)

材料 分量
キャベツ 4分の1個(白菜でも代用可)
小かぶ 2から3個
人参 1本
セロリ 2分の1本
玉ねぎ(小) 1個
ベーコン 3から5枚
鶏もも肉 1枚(250gくらい)
ウインナー 5から6本
ローリエ(月桂樹の葉) 1枚
昆布だし 4カップ
しょうゆ 小さじ2
塩・黒こしょう 少々
柚子胡椒 お好みで

下ごしらえ

  • 野菜は、洗って皮をむいておく。
  • 昆布だしを4カップ作る。
    *小さじ2杯の昆布茶を4カップの水に入れてもよい。

作り方

  1. キャベツは芯の固い所を取り大きめに切る。小かぶは4等分にして、 人参は乱切りにする。セロリは6から8センチ(人差し指くらい)、玉ねぎは8から10等分に切る。
  2. 鶏肉は筋を切り、唐揚げよりも大きめに切る。
  3. ベーコンは3から5センチ程度の幅に切る。ウインナーは半分に切る。
  4. 鍋に昆布だしとしょうゆ・ローリエを入れ、下ごしらえをした材料をすべて入れる。小かぶは煮崩れしやすいので、後で入れる。
  5. 沸騰するまでは強火で、アクを取ったら弱火で15分から20分、野菜が柔らかくなるまで煮込む。小カブは最後の5分くらいで加える。
  6. 塩・こしょうで味を整える。少し薄めの味にしてできあがり。
  7. 好みで柚子胡椒などをつけて食べる。

レシピ提供:料理家・洋菓子研究家奥秋曜子先生

ワンポイントアドバイス

  • 野菜は何を入れても大丈夫。
  • ベーコンやウインナーからだしが出るので、味付けは薄めにする。
  • 野菜の煮崩れを防ぐためにも、鍋に隙間が無いように、きっちり詰めて煮ると良い。
  • 残ったら、シチューのルーやカレーのルーを入れて食べても美味しい。

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

今回は野菜がたくさん入った和風のポトフに挑戦! 「ポトフ」とは、野菜と肉を一緒に煮る「洋風おでん」のような料理です。 煮込み料理は、「具財に火が通っていなかった」ということが少なく、しかもしばらく 煮込んでおけばできあがってしまうため、手軽に作ることができます。 小かぶを購入することができなかったため、大根でカバーしました。昆布だしを取る手間を省き、昆布茶を代用したためラクラクです。。 具財を切った後は、じっくりコトコト煮込むだけでとても簡単です。 お味も、昆布茶のさっぱりとした味わいに、野菜やベーコンなどの旨味がマッチして美味しい! たくさん作ったので、次の日はカレーにして食べました。 手間をかけずにルーを加えるだけで仕上がるためとてもお得な気分。 野菜不足も解消され、失敗の少ない「和風ポトフ」をぜひ、作ってみてはいかがでしょう?


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介