メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

エビマヨ

2010年6月4日掲載

エビマヨ

プリプリエビをマヨネーズソースであえたごちそうメニュー♪

写真:エビにたっぷりかかったマヨネーズソース

材料(4人分)

材料 分量
エビ 12尾(むきエビでもよい)
レタス 2分の1個
ミニトマト 4個
エビの下味の材料 分量
塩・こしょう 各少々
2分の1個
片栗粉 大さじ3
ソースの材料 分量
マヨネーズ 2分の1カップ(約70g)
レモン汁 小さじ2
トマトケチャップ 大さじ1
コンデンスミルク 大さじ1
ひとつまみ
こしょう 少々
ジン 小さじ1(お好みで)
ごま油 小さじ2分の1

作り方

  1. 解凍したエビは背ワタを爪楊枝などで取る。難しい場合は、背中のほうにキッチン鋏か包丁で切りこみを入れ、背ワタを取る。(皮つきのものは皮をむいて、尻尾も取る)
  2. 塩をふたつまみくらいもみ込み、さらに大さじ1程度の片栗粉ももみ込む。すぐに流水で洗い流し、キッチンペーパーなどで水気をふく。(こうすると、エビの臭みや汚れがきれいに取れる)
  3. レタスはせん切りにし、水に2から3分ほどつけてパリッとさせ、ザルにあけ水気を切る。(手でちぎっても良い) トマトはヘタを取り、半分に切る。
  4. エビに下味をつける。フライパンに大さじ4くらいの多めの油を入れ、エビを並べるように入れる。その後、火をつけ、エビから細かい泡が出て、シュワシュワ音がするまでいじらない。衣に火が通って来ると、エビが簡単に動くようになるので、そうなったら、ひっくり返す。
  5. エビに火が通ったら、キッチンペーパーなどの上にあけ、油を切っておく。
  6. ソースの材料を耐熱のボウルなどに入れ、電子レンジ600Wで30秒くらい加熱する。または、底の厚いフライパンに入れ、ごく弱火で1分半から2分、加熱する。(温度が高すぎたり、加熱しすぎるとマヨネーズが分離して固まる)
  7. ソースに(5)のエビを入れ、からませてできあがり。
  8. レタスの上に(7)を盛り付け、トマトを飾る。パセリのみじん切りや香草のみじん切りをかけてもよい。

ワンポイントアドバイス

  • レタスのみじん切りは得意じゃなくても大丈夫!キャベツより食べやすい。
  • エビの代わりに、白身の魚やイカでも美味しく仕上がる。市販の鶏肉の唐揚げをソースにからめるだけでも、ごちそうメニューに早代わり!

レシピ提供:料理家・洋菓子研究家奥秋曜子先生

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

今回は「エビマヨ」に挑戦です。皮や尻尾をとる手間をなくすためむきエビを代用しました。 エビに下味をつけてからフライパンで火を通すだけ!ひっくり返すタイミングもシュワシュワと音がするのでわかりやすいです。 ソースは分量を混ぜて電子レンジであっという間に作ることができました。 お味は、プリプリとした食感のエビとマヨネーズソースがよく絡んで美味しい! ソースはこってりとしていますが、エビの油を切っているので少しヘルシーです。 家族にも「ご飯が進むおかずだね」と好評でした。 これからの梅雨時期は何だか食欲も下降気味…。 そんなときは、食欲倍増効果のある「エビマヨ」を作りたいと思います。 みなさんも、チャレンジしてみてはいかがでしょう?


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介