メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

卯の花

2011年4月12日掲載

卯の花

素朴な味わいで栄養満点!おからを使ったヘルシー料理

写真:しいたけ・ちくわ・にんじん、こんにゃくが入ったおからに、きぬさやが添えてある。

材料(4人分)

材料 分量
おから 250g
干し椎茸 2枚
人参 4分の1本
こんにゃく 50g
ちくわ 1本(または、さつまあげ1枚)
きぬさや(茹でて) 2から3枚
しょうゆ 大さじ3
砂糖 大さじ2
みりん 大さじ1
椎茸のもどし汁 400から500ml

下ごしらえ

  • 干し椎茸を500から600mlの水につけ、触ってみて硬い部分がなくなるまで戻した後薄く切る。(キッチンハサミで軸を取りはずし、細かく切ってから水に入れると早く戻る)
  • 戻した椎茸を薄く切る。
  • こんにゃくは手で親指の第一関節くらいの大きさにちぎる。こうするとよく味が染みる。
  • ちくわを1センチくらいの厚さに切る。こんにゃくのアク抜きと、ちくわの油抜きのために、熱湯で30秒くらい一緒に茹で、ザルにあけて水気を切る。
  • 人参は皮をうすくむき、細切りにする。苦手な人はピーラーでむいても良い。

作り方

  1. フライパンか厚手の鍋にサラダ油(またはごま油)を大さじ2くらい入れて熱する。
  2. まず人参を炒め、次にこんにゃく・ちくわを炒める。
  3. 次にもどして切った椎茸とおからを加え、下の方からさっと混ぜるように炒める。おからは焦げやすいので、この時は弱めの中火にする。
  4. 椎茸のもどし汁と調味料を加え、いったん強めの中火で沸騰させる。沸騰する音がして、泡が出てきたら、弱火にし、水気がなくなるまで炒めるように煮る。
  5. 器に盛り、茹でたきぬさやをトッピングしてできあがり。

レシピ提供:料理家・洋菓子研究家奥秋曜子先生

ワンポイントアドバイス

  • おからは、豆腐を作る際に大豆を搾った「搾りかす」ですが、低カロリーで、栄養価が高い!
  • 具材はお好みのもので良い。
  • 冷蔵庫で保存すれば、3から4日もちます。

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

4月は旧暦で「卯月」。卯の花が咲く時期と重なることから、こういった名前が付いたと言われています。その花の名前をとった「おふくろの味」に挑戦!
「卯の花」を作ったことがなかったので「簡単に作れるかな…」と少々不安ではありましたが意外とスムーズに作ることができました。 おからは焦げやすいとあったので注意しながら炒め、椎茸のもどし汁を加えてからは水分をとばすように煮詰めてできあがりです。
しっとりとした食感の中にこんにゃくや椎茸などの歯ごたえが楽しめます。 素朴な味わいで心も落ち着きます。 少し食べただけでもお腹が満たされるため、ダイエット効果が期待できそうですね。 冷蔵庫で保存もききますので、付け合せなどの一品料理に重宝しそう。 ぜひ、カロリー控えめで栄養価の高い「卯の花」を作ってみてください。


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介