メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

簡単ちらし寿司

2008年3月13日掲載

簡単ちらし寿司

色どり鮮やかで、お祝いや記念日、ちょっとしたおもてなし料理にぴったり!

写真:梅干、焼たらこ、きゅうり、茹でたまごで作った簡単ちらし寿司

材料(4人分)

材料 分量
2合
2合分
梅干し(硬いもの) 5から6粒
昆布茶 小さじ
焼きたらこ 1腹
固ゆで卵 2個
きゅうり 1本
たくあん 10センチ
小さじ1

用意するもの

  • 炊飯器
  • ボウル
  • ざる

下ごしらえ

  • 米は炊く1時間くらい前にとぎ、同量の水を入れる。
  • 卵を硬めにゆでる。
  • たらこを焼いておく。

作り方

  1. 梅干は種を取り、細かいみじん切りにし、昆布茶と一緒に米と水に混ぜる。
  2. 炊飯器のスイッチを入れ、普通の「炊飯コース」でご飯を炊く。炊き上がったらよく混ぜ、ボウルなどにあけて冷ましておく。
  3. 焼きたらこは、ほぐしておく。ゆで卵は黄身と白身とに分けて、ざるに通し細かくそぼろ状にする。たくあんは、みじん切りにする。
  4. きゅうりは薄切りにし、小さじ1の塩をふり、軽くもんで水気をしぼる。
  5. ご飯が冷めたら、(3)と(4)の具をまぜる。
  6. 皿に盛りつける。

レシピ提供:料理家・洋菓子研究家奥秋曜子先生

ワンポイントアドバイス

酢飯を炊き込みながら作ってしまう方法です。
梅干の種は、木べらやしゃもじでたたくと、実がつぶれて取りやすくなります。

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

視覚に障害のある私は具材を切る時、いつも大きさはバラバラ・・・。でも今回は、たくあんも梅干も、具材としてご飯に混ぜてしまうので、大きさがそろわなくても、大丈夫!まな板の中心に具材をまとめて置き、みじん切りをするときの要領で、包丁をあまり大きく動かさないようにすると、上手く切ることができますよ。また、酢飯を炊き込みながら作ってしまう発想もいいですね。後から、酢を入れてうちわでパタパタという作業がなくてスムーズ!具材は、そのまま食べられるものであれば、何でもOK。海鮮ちらしなども作ることができて、ちょっとしたおもてなし料理にもピッタリ!ぜひ、チャレンジしてみては?


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介