メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

マヨチーズフォンデュ

2012年1月13日掲載

マヨチーズフォンデュ

電子レンジで手軽に作る!マヨチーズフォンデュ

写真:エビや野菜がお皿に盛られ、マヨチーズフォンデュが器にはいっている

材料(4人分)

材料 分量
マヨネーズ 大さじ4
とろけるタイプのチーズ 80g
牛乳 2分の1カップ(100ml)
こしょう 少々
茹でたエビ 4尾
パプリカピーマン 2分の1個
じゃがいも 1個
にんじん 2分の1本
カリフラワー 2分の1個
アスパラガス 4本
フランスパン 4切れ
ウインナーソーセージ 4本

(*具材はお好みで)

下ごしらえ

  • エビは茹でて殻をむいておく。市販の茹でエビを使うと便利。
  • パンは一口大に切っておく。
  • にんじんとじゃが芋は皮をむいて、親指大の大きさに切る。
  • カリフラワーは一口大に切る。
  • アスパラガスを2から3センチらいの長さに切る。
  • ソーセージは半分に切っておく。
  • パプリカピーマンは8等分にする。

作り方

  1. にんじんとじゃがいもを鍋に入れ水から加熱し、沸騰したらカリフラワー、アスパラ、ソーセージ、パプリカを加えてひと煮立ちさせる。
    その後ザルにあげ、水気を切る。
  2. 耐熱容器に分量のマヨネーズ・チーズ・牛乳を入れ、さっと混ぜる。ラップをせずに600Wの電子レンジで1分から1分30秒加熱する。(チーズの種類によって加熱時間が異なる場合がある。)
    全体がまんべんなく混ざればできあがり。
  3. 好みでソースにこしょうをふり、具材をつけながら食べる。

ワンポイントアドバイス

  • 具材は何でも良い。ただし、そのまま食べられるものを使用(例えば、パンや加熱してあるもの)。
  • 一人分ずつココット(耐熱の小さな器)などにチーズのソースを入れて加熱すれば、食べやすい。
  • 写真のように、ロールキャベツのソースにしたり、オムレツや焼いた魚にかけても、おしゃれなソースになる。

レシピ提供:料理家・洋菓子研究家奥秋曜子先生

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

今回は「マヨチーズフォンデュ」に挑戦です。 これまで、チーズフォンデュを作る機会はなく、どのように作るのか興味津津でした。 チーズホンデュというと、ひとつの鍋の中に具材をつけてみんなで食べるというイメージでしたが、ひとりずつソースを器にわけることができるのが今回の特徴だと思います。
ソースは電子レンジで材料を混ぜて加熱するだけで簡単に作ることができます。 後は、お好みの具材を茹でたり、焼いたりと下ごしらえするだけです。
私は、野菜とソーセージ、フランスパンの他にお餅を焼いてソースにつけて食べました。 とろけるチーズが具材にほどよくからみ、おいしさを引き出します! マヨネーズも入っているので濃厚になるのかなと思ったら、牛乳のまろやさがカバーしてちょうど良い味でした。 家族からは「お餅がおいしい!」と好評でした。
寒い時期にクリーミーなマヨチーズホンデュを作って、 みんなで楽しく食卓を囲んでみてはいかがでしょう?


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介