メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

菜の花の煮浸し

2012年3月13日掲載

菜の花の煮浸し

旬の春野菜を使ったお手軽和食料理!

写真:菜の葉・油揚げがあえてある上にしめじが飾り付けしている煮浸し

材料(3から4人分)

材料 分量
菜の花 1束(180g程度)
油揚げ 1枚
しめじ 2分の1パック
だし汁 1カップ(200ml)
薄口しょうゆ(濃い口しょうゆでもよい) 小さじ2
小さじ2分の1
日本酒 大さじ1
みりん 小さじ2
ごま油 小さじ2

下ごしらえ

  • 菜の花は茎の下の部分(固いところ)を1センチくらい切り落として水洗いし、半分の長さに切る。
  • 油揚げは1センチ幅くらいに切っておく。
  • しめじは石づきを取り、ほぐしておく。

作り方

  1. 深めのフライパンか、厚手の鍋にごま油小さじ2を入れ、30秒ほど火にかける。
    ごま油の良い香りがしてきたら、菜の花をさっと30秒ほど炒める。
  2. しめじと油揚げを加えて炒め、大さじ1の酒と、小さじ2のみりんを入れ、アルコール分が飛ぶまで炒める。
  3. すぐにだし汁と薄口しょうゆと塩を加え、一度沸騰させる。
  4. 沸騰したら、弱火にして1から2分煮て、火を止める。
  5. そのまま鍋に入れたまま粗熱を取ってできあがり。

*温かくして食べたい場合は、食べる直前にもう一度加熱して器に盛る。

ワンポイントアドバイス

  • 菜の花の代わりに小松菜や白菜などの葉物野菜なら何でもOK!
  • 沸騰した後はあまり煮込まずに、すぐに火を止めて冷ましながら味を染み込ませる。

レシピ提供:料理家・洋菓子研究家奥秋曜子先生

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

今回は和食料理の「菜の花の煮浸し」に挑戦です。 材料を調達に行くと菜の花が見当たらず、ほうれん草で作ることにしました。
作り方は、材料を下ごしらえして、炒めてから煮込むだけという手軽さ! 煮込む時間も短く、あっという間にできあがりました。 お味も、しめじと油揚げの旨みが出てほうれん草によく合います。 家族からも「こういう和食料理っておいしいね」と好評でした。
素朴な味で身体に優しい一品です。 今度は、菜の花を買って作ってみたいと思います。 心も和む和食料理で「春」を感じてみてはいかがでしょう?


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介