メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

春野菜の塩麹パスタ

2012年4月3日掲載

春野菜の塩麹パスタ

話題の塩麹を使った身体に優しい春野菜のパスタ

写真:色とりどりの具沢山(えび、竹の子、スナップエンドウ、ミニトマト)スパゲティ

材料(2人分)

材料 分量
パスタ 170g
にんにく 1かけ
そら豆 6から8粒(代わりにスナップえんどうや、菜の花でも良い)
エビ 6尾
ミニトマト 8個
筍の水煮 50g
塩麹 大さじ1程度
粗挽き黒こしょう 少々
パセリのみじん切り 適宜

下ごしらえ

  • にんにくはみじん切りにする。
  • そら豆は皮をむいておく。
  • ミニトマトはヘタを取っておく。
  • 筍は2から3ミリ程度の厚さに切っておく。

作り方

  1. パスタは、鍋にたっぷり水を入れて沸かし、袋の表示時間より1分短くタイマーをセットして茹でる。
  2. みじん切りのにんにくとオリーブ油大さじ2をフライパンに入れ、弱火でゆっくりとにんにくの香りを出すように炒める。
  3. にんにくの香りがしてきたら、エビを入れ、両面を焼きつけるように中火でソテーする。
  4. パスタの茹で時間が残り3分になったら、そら豆を鍋に入れ、一緒に茹でる。
  5. ミニトマトと筍を3.に入れ、さっと炒める。
  6. パスタが茹であがったら、そら豆と茹で汁も一緒に5.のフライパンに移し。塩麹とこしょうで味を整える。

参考:塩麹の作り方

  1. 米麹300gと塩100gをよく混ぜ合わせる。そこへ水1.5カップ(300ml)を加える。
    水の量は麹が完全に水に浸かるように調節する。
  2. ラップをかけて常温で2週間程度熟成させる。1日1回、きれいなスプーンなどで混ぜて、熟成度を均一にする。
    *保存は冷蔵庫で。1ヶ月くらいで使い切ったほうがよい。

ワンポイントアドバイス

  • パスタは細めのタイプ(1.4ミリ程度)が合う。
  • 塩麹は、種類によっては塩分が強いものもあるので、味を見ながら調節する。
  • ソースの味はパスタの茹で汁で調節すると良い。

レシピ提供:料理家・洋菓子研究家奥秋曜子先生

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

今回は「春野菜の塩麹パスタ」にチャレンジ!「塩麹」は最近テレビなどで話題となっている調味料です。 私も先日テレビを見て知りました。ビタミンが多く身体にいいということで人気を集めているようです。早速スーパーで店員さんに聞いて購入しました。
作り方は、下ごしらえした具材とパスタを炒めるだけの簡単調理。 パスタの茹で汁で塩加減を調節します。 できあがったお味は、ちょうど良い塩加減で、素朴な味わいです。 塩麹が素材の旨さを引き出します。
身体に優しい塩麹を使ったパスタはおすすめです。 みなさんも、お試ししてみてはいかがでしょう?


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介