メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

みそとヨーグルトの漬け焼き

2012年9月25日掲載

みそとヨーグルトの漬け焼き

みそとヨーグルトの風味が抜群!やわらかくてジューシーなお肉

写真:お皿にこんがりと焼かれた豚ロース肉と付け合せのレタスやトマトが添えられている

材料(4人分)

材料 分量
豚ロース肉 とんかつ用4枚
白味噌 1カップ
無糖ヨーグルト 1カップ
付け合わせの野菜 好みで(例えばサラダ菜・ミニトマトなど)

下ごしらえ

  • 「味噌床(みそどこ)」を作る。
    白味噌(または甘めのみそ)とヨーグルトをジッパー付きのポリ袋に入れ、なめらかな触感になるまで袋の外側からもんで混ぜる。
    *味噌床…みその風味を存分に生かす調理法のひとつ

作り方

  1. 豚肉は、脂身の部分と赤身の部分の交わるあたりに、包丁を立てるようにして4から5箇所切り込みを入れる。
  2. 一晩(6から8時間)程度、肉を下ごしらえした味噌床につけておく。
  3. 焼く前に肉を取り出して、キッチンペーパーなどで味噌床をふき取る。
  4. 肉を焼く。
    フライパンで焼く場合…油を小さじ2杯程度しき、肉を重ならないように並べて火をつける。
    弱めの中火でゆっくりと焼く。ジューっという音が大きくなり、肉がすっと動くようになったら裏返して焼く。
    グリルで焼く場合…グリルの網の上に肉を並べ、手動で「中」に設定または、メニューの「自動つけ焼き」で焼く。
  5. 焼き上がったら、皿に盛り付けてできあがり。

ワンポイントアドバイス

  • ヨーグルトは肉を柔らかくし、臭みを取る効果がある。
  • 肉に切り込みを入れておくと焼いたときに縮まない。
  • 味噌床がたくさんついたまま焼くと焦げやすくなるので注意!

レシピ提供:料理家・洋菓子研究家奥秋曜子先生

目からウロコちゃん ―レシピ挑戦者の感想―

今回は味噌とヨーグルトの漬け焼きに挑戦! 塩麹の次にブレイクすると予想されている「塩ヨーグルト」の応用バージョンです。 ヨーグルトにはカルシウムなどの栄養分が豊富に含まれています。
早速、味噌床(みそどこ)を作り、みそとヨーグルトをジッパー付きの袋に入れてよくもみます。その後はお肉を一晩漬けてから焼くだけです。グリルで焼いたので時間を設定してできあがるのを待ちました。
表面がこんがりで中身はジューシー!気になるお味は、みその旨みが引き立ちおいしい!甘すぎずしょっぱすぎずでちょうど良かったです。 肉好きの家族は食べごたえもあったようでかなり満足していました(笑)。
栄養豊富なみそとヨーグルト漬け焼きをぜひ、作ってみてはいかがでしょう。


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介