メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

ボタンに触らずに操作が可能!三菱電機のエレベーター「タッチレスコール」

2013年3月12日掲載

日常生活の中で、エレベーターを利用する機会は少なくありません。
例えば、自宅が高層マンションで毎日利用する方、荷物を抱えてデパートや駅などで利用する方も多いと思います。
しかし、視覚や手に障がいのある方、車いすを利用している方にとって、目的階のボタンを押すことが難しい場合もあります。

今回は、三菱電機株式会社の、ボタンを押さなくても声で操作できるエレベーター「タッチレスコール」について、障がいのある人にとってどのような点が便利なのかお伝えします。

三菱電機株式会社からのコメント

エレベーター内の操作パネルの並びに音声に反応するパネルの風景

エレベーターは公共性が高く、様々な人が利用する交通手段です。
そのため、当社ではユニバーサルデザインの視点に基づき、誰もが使いやすく、安心して利用できるエレベーターの開発に取り組んできました。

安全性向上への取組みでは、センサ技術を利用したドアへの引き込まれ、挟まれ防止機能等を実現しています。
また、操作盤や操作ボタンの形状、配置、配色についての検討を重ねることで、ボタンの操作性を向上させてきました。

一方、エレベーター利用者の中には、視覚に障がいがある、杖をついている、両手に荷物を持っている等、ボタンを操作しづらい方もいます。
そこで今回、これら利用者に対しボタンに触らずにエレベーターの「呼び登録(注1)」が可能な機能を提供し、従来のボタンと併設させることで、より多くの利用者が安心してエレベーターを使用できるようにすることを目的に「タッチレスコール」を開発しました。

近年、音声認識は様々な分野で利用されています。
しかし、従来の音声認識方式を用いてエレベーター内で音声認識を行った場合、残響音(壁に反射して響く音)で音声が歪み、十分な性能が得られないという問題がありました。

この問題を解消するため、エレベーター内での使用に適した独自の音声認識方式を開発しました。
これにより誤認識を半減させ、エレベーター内での実用的な認識性能を達成しています。

タッチレスコールは機械室レスエレベータAXIEZ(アクシーズ)向けオプション機能として2012年8月から販売を開始しています。
これまで、展示会への出展、障がい者団体様への製品紹介を通して、「(このような機能を)普及させてほしい」といった声と共に多くのご意見をいただいてきました。
今後はそれらのご意見を製品開発に反映し、更なる操作性向上を目指した機能改善に取り組んでいます。

(注1)「呼び登録」とは

  • エレベーター乗場では、センサが人を検出すると自動でエレベーターの呼び出しを行う(乗場呼び自動登録)
  • エレベーター乗車後は声で行きたい階を登録できる(音声行先登録)

「タッチレスコール」のポイント

ポイント1 音声だけでも操作が可能!

音声で操作可能なパネル

近年、音声操作が注目を集めていますが、誤操作防止のため、発話ボタンを押すものも多いです。
タッチレスコールは、「音声操作」「はじめ」「声で」といった単語を発話することで音声操作を開始することができます。

ポイント2 ボタンに触れずに目的階へ

エレベーター内で音声で操作している所

エレベーターに乗車してドアが閉まった後は、音声ガイダンスに従って、行きたい階をしゃべるだけです。
ボタンを探したり押したりすることがなく簡単に目的階にたどり着きます。

ポイント3 音声操作が誰にでもわかりやすく!

エレベーター乗り場でセンサーが車いすの方に反応する風景

音声操作中は、液晶インジケータ(注2)へのメッセージ表示と音声アナウンスにより利用方法をわかりやすくしています。
また、音声入力の受付状態を示す「発話アイコン」が表示され、発話タイミングをわかりやすくします。

(注2)エレベーターの現在位置、走行方向を表示する表示器

会社情報

【住所】〒100-8310 東京都千代田区丸の内二丁目7番3号
【お問い合せ先】
TEL:03-3218-4544
FAX:03-3218-4674

三菱電機株式会社 ビル事業部 新規ウィンドウを開きます。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/elevator/

編集後記

三菱電機株式会社の、声で動かせるエレベーター「タッチレスコール」、いかがでしたでしょうか。
エレベーターは、いろいろなところに設置されている便利な建物内の交通手段です。
しかし、正確にボタンを押すことができず、不安を抱えながら使っていたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回の開発はそのような不安を解消してくれることでしょう。
音声でも操作できるエレベーターが、誰にとっても身近なものになることが待ち遠しいです!


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介