メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

緊急時に役立つ!「光BOX⁺」

2014年3月11日掲載

イラスト:光Box+のロゴ

東日本大震災から3年が経過し、防災への意識は高まりつつあり、防災用品などの開発が進み、便利な製品が増えています。

今回は、NTT西日本の「光BOX+」をご紹介!
テレビを利用してインターネット等の機能を使うことができる機器です。
「緊急地震速報」をテレビをつけていなくても受信することができるなど、生活をより安全にサポートしてくれます。

「光BOX+」の概要

「光BOX+」とは、テレビに接続することで、スマートテレビ(注1)のようにインターネット上の様々なサービスが簡単に楽しめる機器です。
「YouTube」や「ニコニコ動画」などの映像配信サービスを、大画面のテレビで簡単に楽しむことができます。
映像配信サービス以外でも、デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真をテレビで楽しめたり、絵本の読み聞かせなどお子様も一緒に楽しめるコンテンツも多数揃っています。
(注1)スマートテレビ:一般的には、従来のテレビにインターネット等の機能を加え、スマートフォンのように利用できるテレビのこと。

製品のポイント

ポイント1 地震を素早く察知する「ゆれくるコール」

写真:緊急地震速報がテレビに映し出されている

スマートフォン版は400万件以上ダウンロードされている緊急地震速報アプリ「ゆれくるコール」をテレビでご利用いただけます。
気象庁が提供する「高度利用者向け緊急地震速報」を利用し、予測震度と予想到達時間を通知して、身の安全の確保に役立ちます。
通知時に自動でテレビの電源をONし、通知画面を表示させることも可能です。(テレビによっては動作しない場合があります。)

ポイント2 見守りサービス「TVみたん」

イラスト:テレビを点けると光Box+を介してメールが送られる様子

テレビのON・OFFを把握し、ご指定のメールアドレス宛てにメール送付することができるアプリです。
離れて暮らすご家族が、テレビの電源をON・OFFしたことを知ることで、ゆるやかに見守ることができます。(テレビによっては動作しない場合があります。)

ポイント3 種類豊富!エンタメアプリ

写真:テレビの画面上に色々なアプリが映し出されている様子

テレビでの利用に親和性が高い、「YouTube」や「ひかりTVどこでも」などの映像系サービスの他にも、ラジオが聞けたり、スマートフォンの写真をTVに表示させるアプリなどエンタメ系アプリが充実。インターネットの閲覧・印刷やメールの確認など基本機能も搭載しています。

簡単な設置方法

設定?

写真:光BOX+とテレビをHDMIケーブルで接続している様子

光BOX+とテレビをHDMIケーブルで接続

設定?

イラスト:光BOX+をインターネットに接続している様子。有線で接続している様子が上半分、無線で接続している様子が下半分

光BOX+でインターネット接続設定(有線or無線)

設定?

写真:画面から、利用したいサービスを選択

光BOX+ホーム画面から、利用したいサービスを選択


NTT西日本からのコメント

写真:テレビが光Box+に接続されていて、画面に映っている情報をリモコン操作して選んでいる。

家のリビングの中心にある、普段から慣れ親しんだテレビを活用することで、家族コミュニケーションの活性化や、情報リテラシー(情報活用能力)が低いお客様への新たな価値提供が可能になると考え、それがフレッツ光の拡大にも寄与すると想定しました。
テレビの新規販売が縮小している状況から、スマートテレビそのものとの連携よりも、自社にてSTB(注2)を開発した方がビジネスチャンスが大きいと判断し、開発に至りました。
情報リテラシーが低いお客様に、インターネットサービスを活用して豊かなリビングライフを楽しんでいただきたいという想いから、徹底的に“簡単”であることを追求しました。
様々なサービス提供事業者と連携して、マウスやキーボードでの複雑な操作ではなく、リモコンだけで楽しめるサービスを展開しています。
しかし、その簡易性とサービス充実のバランスを保つことが難しく、リモコンで違和感が無いように、操作性を出すことに苦労しました。
現在も引き続き改善を重ねているところです。

今後は、テレビと親和性が高い映像系サービスだけでなく、子供向けの知育サービスや、シニア向け健康サービスなど、テレビの利用用途が必要なターゲット層向けのサービスを充実させていく予定です。
さらには、できることならテレビからの音を使った聴覚障がい者向けサービスの搭載も検討し、CSRの取組みも推進していきたいです。
(注2)STB:テレビに接続して様々なサービスを受けられるようにする機器のこと。

会社情報

【住所】〒540-85110 大阪市中央区馬場町3-15
【光BOX+に関するお問い合わせ先】
光LINK(情報機器)ホットライン TEL:0120-70-8202
受付時間:午前9時から午後5時  土曜・日曜・祝日も受付。ただし年末年始(12/29から1/3)を除く。
【「光BOX+」に関する概要紹介】
http://www.ntt-west.co.jp/kiki/hikaribox/

編集後記

今回ご紹介した「光BOX+」は、慣れ親しんだテレビを利用してインターネット機能などが利用できます。
「パソコンは難しい…」と思っている方などにおすすめの機器ではないでしょうか。
「緊急地震速報」はテレビをつけているときに、音が鳴って画面に表示されます。しかし、テレビがついていなければ知ることはできません。
「光BOX+」を利用することでテレビが消えていても自動的に電源が入ってお知らせしてくれるのはうれしいサービスです。
私たちの生活がより快適になる製品が増えることを願います。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介