メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

ユニバーサルデザインジュエリーを試してみよう1/3

2007年4月2日掲載

「ユニバーサルデザインジュエリー」をご存知ですか?

写真:インタビュー風景

ジュエリーは好きだけど、毎日つけるのは面倒だったり、ついうっかりつけ忘れてしまったり・・・。もっと簡単に装着できればいいのに!なんて思ったこと、ありませんか?

このたび、株式会社桑山から、指先の細かな作業をしなくても簡単に身につけられる「ユニバーサルデザインジュエリー」が発売されました。 ジュエリー大好きな女性陣の試着した感想も交えてレポートをお届けします。

はじめに、ユニバーサルデザインジュエリーってどんなもの?ということで、株式会社桑山第一営業部の斉藤 仁紀さんと、広報担当の笠原邦子さんのお話をご紹介します。

株式会社桑山の取り組み

写真:笠原さん

聞き手:

ユニバーサルデザインジュエリーを作ろうと思われたきっかけは?

笠原:

お客様から「ネックレスの留め金をもっとつけやすくして欲しい」といった、使いやすさに関するご意見をいただくことがありました。そこで、数年前から、マグネットタイプのジュエリーの開発を始めました。更に「首の後で金具を留めるのは煩わしい。前で留めることができたら便利では?」、「ネックレスの長さが調節できたら違ったニュアンスを楽しめるのでは?」と、改良を重ねるうちに、これならばシルバー世代の方や障害のある方にもおつけになりやすいジュエリーになるのではないか、と思い当たったのです。

聞き手:

高齢の方や障害のある方への専用商品ではなく、誰でもが使える「ユニバーサルデザイン」にこだわった理由は?

斉藤:

最初にマグネットタイプのジュエリーを考案した際、使い勝手から追及してしまったんです。その結果、どうしてもデザイン性が損なわれてしまう、という問題が残りました。また、「従来の引き輪に比べて外れやすい」といった課題も見つかりました。 かぶるタイプも作ってみてはどうだろう? ただ、かぶるだけのネックレスでは味気がないので、デザイン性を重視したものにしたい。 試行錯誤を繰り返す中で、機能性だけでなく、デザインも重要であることを再認識しました。そして、ようやく機能性とデザイン性のどちらも妥協しないものができあがったと思っています。 ジュエリーは、身に着けるだけでなく、そこに「楽しさ」や「喜び」を感じられるものだと思います。私達は幅広い層の方にジュエリーの楽しみをいつまでもお楽しみいただきたい、というコンセプトで商品を開発しています。

写真:斎藤さん

聞き手:

今回のユニバーサルデザインジュエリーの特徴を教えてください。

笠原:

大きく分けて3つのタイプがあります。 1つは「イージークラスプ」という、ペンダント部分の裏にマグネットがついているものです。スライド機能もあり、胸元で装着ができて長さの調節もできるようになっています。花と葉、蝶をモチーフにしたデザインがあります。 次は、「イージースライド」。淡水パールをいくつかあしらったデザインのものです。左右2ヵ所の玉を引くだけで長さが調節できるようになっています。ホワイト、ピンク、オレンジの3色の中からお選びいただけます。 最後にご紹介するのは、金具が無くまさにかぶるだけ、という「ノンクラスプ」。レーシーでエレガントなデザインから、ロボットをデザインモチーフにした可愛らしいデザインのものまで揃っています。おそろいのロボットのピアスもあります。

聞き手:

今後の課題や夢はどんなことでしょう?

斉藤:

まだまだ、改善の余地があると感じています。より便利で、より美しいジュエリーをご提供していくためには、エンドユーザーの方からの声をいかに集め、商品に反映させていくかが重要だと思います。これからも、機能性とデザイン性のバランスを大切にしながら、「常に改革していくんだ!」というチャレンジ精神を持ち続け、皆様が求める「ジュエリー」を追求していきたいと考えています。

株式会社桑山公式サイト 新規ウィンドウを開きます
http://www.kuwayama.co.jp/

投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介