メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

弱視の人に優しい白黒反転カレンダー

2007年12月17日掲載

視力が弱い人や高齢者にも見やすいカレンダーがあるのをご存知ですか?色のコントラストがはっきりと見える白黒反転のシンプルなデザイン。今回は、UDカレンダー第2弾として、大活字の「白黒反転カレンダー2008」をご紹介します!

販売元の大活字カフェからのコメント

毎年大好評、大活字オリジナルの2008年版白黒カレンダー。数字も大きいので見やすい!昨年よりも行間が広がり、ホワイトペンを使えば、スケジュールもどんどん書き込めます!

六曜(大安、仏滅など)、国民の祝日つき。
翌月の予定もついてさらに便利になりました!

写真:白黒反転カレンダー2008(1月分のページ)

【価格】1,000円(税込み)
【サイズ】A2版(縦59.4cm×横42cm)
【文字サイズ】約縦3cm×横4cm
ゴミの分別も不要のエコタイプ(ボール紙止め)

会社情報

【住所】東京都千代田区神田神保町1-3 冨山房ビル6階
【お問い合せ先】03-3259-2200(受付時間:平日10時から18時・日曜10時から17時(水曜・祝日を除く)

株式会社大活字 大活字カフェ 新規ウィンドウを開きます。
http://www.daikatsuji.co.jp/

今回は弊社の弱視社員2名に実際に商品を見てもらいました。彼らの感想とともに白黒反転カレンダーのポイントを見ていきましょう!

ポイント1 見やすい白黒反転

写真:白黒反転された大きな数字 黒地に白い文字は、人間の目が最も見やすく感じる色彩のコントラスト。視力の弱い人のみならず、白内障を患っている人にも見やすいデザインです。

「一般のカレンダーより数字が見やすいですね!土日や祝日の枠も分かりやすくて助かります。」(編集部shjさん)

ポイント2 ホワイトペンでメモ

写真:行間にホワイトペンで花丸マークと文字を書き込んでいる様子 ホワイトペンを使えばカレンダーの余白にメモを書き込むこともできます。大活字では、12月末までにカレンダーをお買い上げの方に、「ホワイトペンのプレゼントキャンペーン」を実施中!詳細は大活字ホームページをご参照ください。

「私の視力だと、1行で5文字ぐらいを書くのが精一杯ですが、印は付けやすいので、記念日にマークできますね(笑)。」(編集部ykozさん)

ポイント3 年中行事などの表示

写真:14日の数字の下にある「バレンタインデー」の表示 日付の下には、「節分」「クリスマス」などの年中行事などが表示されています。また月をまたいで予定を確認できるように、小さめに翌月のカレンダーも表示されています。

「バレンタインデーのようにカタカナは画数が少なくて、私の視力でも見やすいです。」(編集部ykozさん)


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介