メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

安全・安心の調理器具「IHクッキングヒーター

2008年1月11日掲載

火を使わないからいろいろな人にとって安全、安心。電気でも十分な火力で調理できるIHクッキングヒーターをご紹介します。

東京電力からのコメント

今までのキッチンを劇的に変えるIHクッキングヒーター。火を使わないから衣服への着火や火事の恐れが少なく、また立ち消えの心配がなく、「超とろ火」から「高火力」まできめ細かい調節が簡単にできます。
さらに、揚げ物や天ぷらを揚げる時の油の温度を自動であわせて一定の温度を保つ機能や、タイマーで自動的に加熱が止まる機能など便利な機能が充実したIHクッキングヒーターなら、安心・快適に料理ができます。

目の不自由なお客さまからもIHクッキングヒーターは非常に安心で便利、料理が楽しくなるなどの好意的な評価をいただいています。

写真:鮭チャーハン調理中:卵を絡めたごはんと鮭を混ぜている様子

お近くの東京電力では、IHクッキングヒーターのお試し体験ができますので、是非、安心便利なIHクッキングヒーターをご体験ください。
なお、施設により体験内容や休館日などが異なりますので、事前にご連絡のうえお越しください。

会社情報

【住所】東京都千代田区内幸町1丁目1番3号
【お問い合せ先】0120-432-910(オール電化住宅・電化機器システムに関するお問い合わせ)
【受付時間】午前9時から午後7時(休・祝日を除く月曜日から金曜日)午前9時から午後5時(休・祝日を除く土曜日)

東京電力 株式会社 新規ウィンドウを開きます。
http://www.tepco-switch.com

それではIHクッキングヒーターのポイントを見ていきましょう!

ポイント1 フラットなトッププレートで楽々調理

写真:平らなIHクッキングヒーターを手で確認している様子 トッププレートがフラットだから鍋が傾く 心配がありません。プレート表面には、ツルツル感、ザラザラ感の違いがあり、五徳と同じようにコンロの位置を示す部分に触感の違いがあります。また、炎がないので、トッププレートに調味料やふきんを置いても燃える心配がありません。

トッププレートがフラットだから、さっと拭くだけの簡単お手入れで、いつも清潔に保てます。急にお友達が訪問してもあわてずに済みますね。フラットなトッププレートは、調理台にもなり、盛り付けをするスペースとしても使えます。

ポイント2 安全・安心機能

写真:上面に備え付けられているIHの調理ボタンを触っている様子(点字付きボタンもある) とろ火でも火が消えるおそれがないうえに、揚げもの料理も、油の温度を自動であわせて一定の温度をキープできます。
火を使わないから、鍋やフライパンの柄を焦がしたり、着火や引火の心配がありません。
うっかり消し忘れても、最終キー操作から一定時間が過ぎると、音でお知らせし、自動的に通電が停止。また、鍋の空焼き状態が約15分続くと、自動的に通電を停止し、ブザーと異常表示でお知らせします。

ポイント3 両面自動焼きロースター

写真:両面自動焼ロースターを使って鮭を焼いている様子 両面自動焼きで、仕上がりの判断が難しい焼き魚も自動調理で 簡単においしくできます。受け皿の水なし、水ありのタイプがあります。
(メーカー、機種により異なる)

ポイント4 操作も楽々

写真:側面に設置された調理ボタンを触っている様子 操作がダイアルタイプの機種は、火力調整がわかりやすい基準音、操作音、行き止まり音などがあるので好評です。
配置、配列がわかりやすい上面ワンショットボタンも好評。押したときに感触のわかるスイッチや、操作ボタンに点字や突起がついているタイプがわかりやすいです。視力が低い人にはコントラストのはっきりした表示のものがみえやすいですね。

ポイント5 ユニバーサルデザイン・サービス等

写真:各種点字取り扱い説明書 音声ガイダンス機能付きも多種あり、メーカーにより、点字取扱説明書、音声取扱説明書、操作部点字シール、操作部記号シールなどの配慮があります。
大さじ1杯がワンタッチでわかる便利な調理グッズも日本点字図書館や東急ハンズ等で販売されています。
(注意)各メーカー全ての機種が該当するわけではございません。

写真:調査員より・・・

IHクッキングヒーターの特徴がお分かりいただけましたか?何より火がないので安心して使えるのが大きなメリットだと思います。
私は視覚に障害があり、日常生活用具でもらった卓上型の電磁調理器は使ったことがありました。今回ご紹介したビルトイン(備え付け)タイプには、簡単にしかも上手に魚が焼けるロースターもあり、たいへん魅力的でした。
日常生活用具の対象として、購入の際に助成金が出た前例もあるとのことですので、ご興味のある方はお住まいの地域の福祉課窓口にご相談してみてください。
さて、このIHクッキングヒーターを使って視覚に障害のある社員が簡単料理にチャレンジしました!どうぞ
IHお料理体験記もご覧ください。


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介