メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

見やすくて使いやすいオシャレな白黒反転手帳!「TONE REVERSAL DIARY」

2015年11月10日掲載

写真:白黒反転手帳のアレンジページ、月間カレンダー、週間カレンダーにフリースペースの様子

ビジネスやプライベートの予定など、手帳で管理される方も多いのではないでしょうか。
高齢の方や弱視の方の中には、黒地に白で書いた文字が見やすいという方もいらっしゃるかと思います。
そうした方々や誰でもオシャレに使うことができる白黒反転手帳「TONE REVERSAL DIARY」をご紹介します。
来年使う手帳の候補にしてみてはいかがでしょう。

白黒反転手帳「TONE REVERSAL DIARY」とは

写真:白黒反転手帳の表紙・年間カレンダー

「面白いものを作りたい」
そんな知人の一言から生まれた手帳です。 黒地に白で、月間カレンダー、ツーウィークタイプの週間カレンダー、フリースペースというシンプルなデザイン。

手帳に込められたポイント!

ポイント1 読みやすくて美しい

写真:白黒反転手帳のアレンジの一つである週間カレンダーのページ

白黒反転して読みやすいだけの手帳ではありません。
持っていて「可愛い」「かっこいい」と思えるよう徹底的にデザインにこだわった手帳です。

ポイント2 視覚障がい者に限定しない

写真:白黒反転手帳のアレンジの一つである月間カレンダーのページ

福祉用品とは一味違ったところが魅力です。
視覚障がい者に限らず、一人でも多くの方が手にすることができます。

ポイント3 書きやすさに配慮

写真:白黒反転手帳のアレンジの一つであるフリースペースのページ

黒い紙に白いインクで印刷するため、しっかりと発色するインクを使用して工夫しています。
ペンも黒い紙に対して発色がよく乾きやすいところも注意しています。

使用した感想

視覚障がい(弱視)のA社員から

黒いノートに白いペンでメモを残すことがあります。
ただ、あまりもう一度読み返すということが少ないです。
というのも、地味なノートを取り出してまで確認したいと思えないのが一つの理由です。
今回使用した「TONE REVERSAL DIARY」は、シンプルなデザインでスタイリッシュなため、持っていても違和感がないという印象を受けます。
パッと見たときに「かっこいい」と思えました。
中身も白い線が引いてあって、見やすくてスッキリまとめられています。
欲を言えば、少し数字が細くて小さいと感じました。

視覚障がい(弱視)のB社員から

黒地に白が見やすいとよく耳にしますが、私の場合、白い紙に黒いペンで書いた方が見やすい状況です。
ここでメモを取ると言っても、その文字の正確性は決して高いとは言えません。
後から読み返すということはかなり困難なことが多く、日付や人の名前など、少ない文字数のものに限定されます。
私の文字の「見えにくさ」は、「文字の小ささ」というよりは、むしろ「文字の薄さ」にあります。
黒地に白字を使うことは、それ以上薄くも濃くもなることはありませんので、私が不便と感じている「文字の薄さ」を解消してくれると思いました。
筆の質などを選ばなくていいところも魅力です。
それでも多少、「文字の小ささ」はありますので、書き込みスペースを大きくするなどすると、さらに使い勝手は改善されると思います。
また、書き込むときに、紙をできる限り水平に手などで抑え込めるようにデザインされているとありがたく思います。どうしても、紙を覗き込むように筆を動かすことになるからです。

肢体不自由の社員から

見た目が「オシャレ」で持っていたいと思える手帳です。
福祉用品と感じさせないところがいいと思いました。
大きさも私が使うのにちょうどよいサイズです。
それと、手にも障がいがあるので、ページがめくりやすい紙だと感じます。
間違えたときに修正できるようになっていたらさらに便利ですね。
他の色を使って、カラフルにアレンジなどもできるのではないかと思います。
しいていえば、大きさが3種類くらいあると、選ぶ人の幅が広がると感じました。

開発者からのコメント

TONE REVERSAL DIARY

かねてより視覚障がい者向けの製品やサービスを生み出す会社を作りたいと、準備を進めてきました。
黒地に白が見やすいということは、視覚障がい者の中では広く知られていたことです。しかし、実際に黒地で書き込める文具というものは、まだほとんどありません。
ましてや、白い罫線や日付の印刷された文具は存在しませんでした。
そこで私たちは、まず白い印刷のできる会社を探すところから始めました。
2月に正式に会社として起業し、右も左もわからぬまま第一弾となる2015年度版の完成にこぎつけました。

ほぼ前例のない製品だけにコストがかさみ、またペンについても、複数の筆記具メーカーから白やパステルカラーのペンが出されていますが、発色や乾きやすさを検証する必要がありました。
これらの挑戦は今も続いています。
しかしそれでもたくさんの方に「見やすい」「こういうものを待っていた」というお声をいただき、背中を押される形で2016年版製作へと動き始めます。
展示会やイベントに多く参加する中で徐々に知識とネットワークを広げ、2016年版ではより価格に見合った品質でご提供できる運びとなっています。

手帳は人によって好みが大きく別れます。
1月始まりなのか4月始まりなのか。月曜始まりなのか日曜始まりなのか。表紙の色やサイズに至るまでそれは様々です。
私たちはたくさんの方に使っていただけるよう、ラインナップを増やしていければと考えています。
また白黒反転だけにとどまらず、より使いやすいものを追求し展開していきたいと思います。
障がい者手帳を持っていない目の悪い方、「隠れ視覚障がい者」の元へも届いていくことが重要だと考えています。

編集後記

「白黒反転手帳」いかがでしたでしょうか。
はじめに「白黒反転手帳」と聞くと少し驚かれる方もいらっしゃるかもしれません。
今回ご紹介した手帳は、オシャレで持っていて違和感がないというコンセプト通りだったと思います。
見やすさ、大きさ、見た目と使い勝手がいい手帳です。
「福祉用品」という形にとらわれず、誰もが自然に手に取るような製品が増えていくと、 障がいのある人たちの選択肢が広がり、生活がより快適になると思います。

会社情報

株式会社 アーチャレジー
〒245-0005 神奈川県横浜市泉区白百合3-15-24
【お問い合せ】
TEL:050-3694-8812
メール:info@archalle.co.jp
「白黒反転手帳」について:詳しくはこちら(新しいウインドウが開きます)


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介