メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

車いす利用者も原稿セットが楽にできる!スキャナ分離タイプ1/2

2006年9月5日掲載

ユニバーサルデザインの考え方が広がり、事務機器の世界でも人にやさしい商品が増えてきています。中でも、コピーをとったり、ファクスを送ったり、文書をパソコンに取り込んだりできる「デジタルカラー複合機」は、みなさんの職場でも活躍しているのではないでしょうか?
(株)リコーから、アクセシビリティに配慮されているデジタルカラー複合機「imagio(イマジオ)」が発売されています。ここでは、スキャナ分離タイプのコピー機能をご紹介します。

まずは、弊社スタッフが実際に使用した体験レポートです!

誰にでも使えるモノづくり

写真:分離タイプを操作している様子

まず、今回体験した「imagio MP C4500/3500」(又はMP Cシリーズ)は弱視の方、下肢障害の方、高齢の方にも使いやすい工夫がたくさん施されています。このコピー機の大きな特徴は、原稿を読み取る部分(スキャナー)と本体部分が分離できることです。読み取り部分を自分の好みの高さに設置できるので、車いすを利用している方にとっても、コピー機の操作が容易になります。
もう一つのポイントは、大型フルカラー液晶タッチパネルです。文字は大きく、太めになっており、少し離れたところからでも内容が確認できます。高齢の方などにも使いやすいと感じました。また配色にも工夫がされており、選択した箇所をオレンジで表示するよう、統一しています。そうすることで、操作状況をひと目で確認できるのです。この配慮は、視覚に障害のある方のために考えられたそうですが、障害がない方にも使いやすいです。人にやさしいモノは障害の有無にかかわらず、使いやすいのだなと感じました。
写真:液晶画面を操作している様子


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介