メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

指先で触って図形情報を確認できる触覚ディスプレイ「OUV3000」

2010年2月10日掲載

 

視覚に障害のある人も、パソコンの内容を音声で読み上げてくれる「画面読み上げソフト」や画面を大きく表示できる「拡大ソフト」などを利用することで、パソコンを独力で操作し、文書作成やメール交換などを行うことができます。
しかし、インターネット上ひとつとっても、図や画像の情報はまだアクセシビリティに配慮されていることが少なかったり、説明書きがあっても、なかなかその情景をイメージすることは難しいものです。
では、もし写真や図を手で触ることができたら…?

実は、画像などを凹凸で表示することで、内容を触って確認できるディスプレイがあるのです。その名も、「触角ディスプレイOUV3000」。
視覚障害者の方も、家族や友人に視覚に障害のある人がいる方も、「視覚的情報」を共有するツールとして注目ください!

【目次】

hrpの素顔

全盲(中途失明)で、点字使用者。パソコンは、音声読み上げソフトを使って操作しており、図や写真の情報は、仕事場では見える同僚に、プライベートでは家族に、それぞれその都度、説明をしてもらっている。

【問題点】

  • 見えない人が近くにいないと、その場で視覚的情報を確認することができない
  • 仮に、携帯電話の絵文字のように、音声読み上げで「ルンルンマーク」などマークの名前を読み上げていても、実際の形(マーク)を把握することが困難な場合もある

今回の触覚ディスプレイを活用することで、図解や写真の情報がどんな風に得られるかと期待している。


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介