メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

アクサ生命で働く障害のある人たち

アクサ生命で働いている障害のある人たちはどういった職場環境で仕事をしているのかご紹介します。

どんな障害の人が働いているの?

【障害種別】

  • 聴覚障害
  • 視覚障害
  • 内部障害
  • 発達障害

どのような仕事をしているの?

【業務内容】

以前は、印刷、帳票管理、郵便業務がメインだったが、現在は社内全部署に配属し、様々な業務に従事。

社内の障害に対しての配慮

共通

障害者理解の研修

ポイント

障害当事者が講師を行うことで、障害に対して理解を深めてもらう。

通勤、勤務時間の対応

ポイント

混雑するラッシュの時間帯を避けたり、障害の状況により勤務時間を短縮。

聴覚

常勤の手話通訳士2名、筆談、チャットソフト導入、社内手話講習会

ポイント

聴覚障害者が多いため研修やお知らせの内容などわかりやすく工夫している。社内ネットワーク上の動画に字幕をつける。

視覚

ブレイルメモ、スキャナー、拡大読書器、音声読み上げソフト

ポイント

入社前に聞き取りを行い、事前に必要なものを準備している。

現在、車いす利用の社員はいないが、来春採用予定のため自動ドアやお手洗いの改修を予定している。

働いている社員からの声

秋葉さん:マッサージルーム勤務(視覚障害)

写真:秋葉さん

2010年の10月に入社しました。入る前から「外資系の会社なので大変だよ」と話を聞いていました。入社して、物事の決定事項が早くてスピード感が全然違うと感じています。
また、自分で意見を出し、それが良いことならばすぐ実行となるため、やりがいもあります。私は弱視なのですが、拡大読書器や、そのほかマッサージルームで必要なものはきちんとそろえてもらい、とても働きやすい環境にいると思います。
マッサージルーム自体、10月にオープンした新しい職場です。みなさん快く迎えてくれて、温かい印象を受けます。

加藤さん:マッサージルーム勤務(視覚障害)

写真:加藤さん

入社してまだ2ヶ月ですが、私の部署は障害者雇用の意識がしっかり確立されているので働きやすい環境だと思っています。
稼働率を上げるために自分たちが対策を考えて、上司に伝え、実行できるため、やりがいを感じます。
オープン前からマッサージルームができることを宣伝していただいていたため、受け入れ体制がしっかりとしていてスムーズに仕事を始めることができました。
一緒に働いている方も普通に接してくれて、とても楽しいです。

目次


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介