メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

障害者週間って、知ってますか?

障害者週間って、いつですか? 

「障害者週間」は、毎年12月3日(国際障害者デー)から12月9日(障害者の日)までの1週間です。

障害者週間は、どのように決まったのですか? 

1975年12月9日、「障害者の権利宣言」が国連総会で採択されました。これを記念して、1981年の国際障害者年に、その日が「障害者の日」と定められました。その後、1993年に心身障害者対策基本法が障害者基本法に改められたのを機に、法律にも規定されるようになりました。 一方、12月3日は、1982年に「障害者に関する世界行動計画」が国連総会で採択された日です。これを記念して1992年に国連総会で「国際障害者デー」が宣言されました。

「国際障害者デー」である12月3日から「障害者の日」である12月9日までの1週間を、「障害者週間」とすると1995年に障害者施策推進本部で決められましたが、昨年の障害者基本法の改正により、「障害者の日」は「障害者週間」へと拡大され、「障害者週間」が法律に基づくものとなりました。

障害者週間は、なんのためにあるのですか?

「障害者週間」は、国民の間に広く障害者の福祉についての関心と理解を深めるとともに、障害者が社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に積極的に参加する意欲を高めることを目的としています。

障害者週間に、テーマはあるのですか? 

「障害者週間」は、下の3つのテーマに基づき啓発活動が推進されています。
・共生社会(障害の有無にかかわらず誰もが人格と個性を尊重し支え合う社会)の理念の普及
・障害に関する国民理解の促進
・国民一人一人が日常生活や事業活動の中で自ら実施できる配慮や工夫の周知

障害者週間には、何が行われるのですか?

この期間を中心に、国、地方公共団体、関係団体等において、様々な意識啓発に係る取組みが展開されています。 詳しくはこちらをご覧ください。

「平成17年度障害者週間の行事について」
「平成17年度障害者週間キャンペーン事業」

(参考)障害者基本法
第7条 国民の間に広く障害者の福祉についての関心と理解を深めるとともに、障害者が社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に積極的に参加する意欲を高めるため、障害者週間を設ける。
2 障害者週間は、12月3日から12月9日までの1週間とする。
3 国及び地方公共団体は、障害者週間の趣旨にふさわしい事業を実施するよう努めなければならない。


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介