メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

1.文字情報があふれる社会に

2005年12月2日掲載

皆さんは、電車やバスの車内で、または駅の構内などで乗り換えや到着遅れの案内アナウンスが聞き取れず、困ったご経験はありませんか?大勢の集まる場所で、ハンドマイクで声をからして連絡を伝えようとされたこと、そんなご経験はないでしょうか?

平成15年にNPO法人化(特定非営利活動法人化)しました、長野サマライズ・センターでは、いつでもどこでも誰でもが情報を入手でき、適切なコミュニケーションが図れる社会、そのために街中に文字情報があふれる社会をめざして、活動しております。
(活動内容の詳細については、長野サマライズ・センターのWebサイトをご参照ください。)

活動の主になっているのは、「パソコン文字通訳(パソコン要約筆記とも言われる)」という、聞こえに不自由を感じておられる皆様に、パソコンを使って、音声情報を聞き取った入力者が文字情報に変えて提供する活動です。
聴覚障害者、高齢者をはじめ、誰でもが勉強会・集会・講演会・議会などへ参加できることを保障し、その場において同時に情報を入手し自己選択・判断ができる支援をする活動を行っています。
特に最近の重要課題として「教育現場での情報の保障」活動として、現在、長野県内の4大学(短大含む)で聴覚障害学生の授業に同席しパソコン通訳の活動を行っており、義務教育現場、高等教育現場への広がりを目指し、通訳者の養成や学習会の提供などを行っています。

その他では、許可のある映画やビデオ、テレビ番組などの字幕データ作成や、テープ起こし・記録作成などを行いながら、幅広く民間企業様とも、商品やサービス開発についてのアドバイスや提案・モニター派遣なども行っています。

では、なぜ、文字情報が必要でしょうか?
できたら、まず、「音」について意識してみてください。

今夜、みなさんがとっても楽しみにしているテレビ番組の時間に、テレビの音量を0にしてご覧になってみてください。そのままで、いったい何分我慢ができるでしょうか?番組の中で、何が話されているか理解できたでしょうか?どんなお気持ちになったでしょうか?
大好きなCDの音を消して、携帯電話で通話音を0にして、電子レンジや洗濯機などの終了音が鳴らなかったら、来客を知らせるドアチャイムが聞こえなかったら、目覚まし時計のベルが聞こえなかったら・・・
私たちの生活に、「音」がいかに欠かせないものなのか、どうぞ、気付いてください。

プロフィール

小笠原 恵美子/おがさわら えみこ
平成10年 長野県塩尻市で要約筆記と出会い、手書き要約筆記奉仕員となる
平成12年 手話も並行して勉強をしながら、長野県ではじめて要約筆記にパソコンを取り入れた活動を開始する
平成13年 任意団体として「長野サマライズ・センター」を設立
平成15年 特定非営利活動法人化し、副理事長として現在に至る


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介