メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

自分が輝ける職場を選ぼう1/4

2006年10月31日掲載

障害のある人の希望にかなった就労支援を目指して活動している、練馬区障害者就労促進協会の木野村なぎささんにお話を伺いました。

知的障害のある人への就労支援

聞き手:

障害のある人への就労支援をされているとのことですが、現在の仕事内容を具体的にお聞かせいただけますか?

木野村:

現在、私は練馬区障害者就労促進協会で働いています。この協会は、平成2年の11月に練馬区の外郭団体として設立された団体です。 一般企業で働くことを希望している障害のある方への支援として、主に、職業相談、就職支援、フォローアップの3つを事業として行っています。

私はその中でも、就職支援を担当しています。その活動の1つに、知的障害のある方への「ワークルーム」という職業事前準備訓練があります。これは、1クール4週間で年間4回、参加者を募って行っています。作業トレーニングを行い、その評価を基に職場開拓、就職活動をして、最終的には、就職までを支援するものです。

聞き手:

具体的にトレーニングの内容はどのようなものなのでしょうか?

木野村:

今は、事務作業についてのトレーニングが多いですね。郵便物の封入や、書類などをシュレッダーにかける作業、または、伝票の作成・仕分作業などが中心です。それとは別に、必ず区役所で、体験実習もしていただいています。 なぜなら、会社や社会に出る経験があまりなかった方もいらっしゃいますので、区役所内での体験実習を通して、働く上で必要なマナーも学んで欲しいという願いがあるからです。 仕事のためのスキルも重要ですが、マナーを知るということで職場での人間関係を円滑にする手助けになると思うんですよね。

例をあげますと、エレベーターに乗るとき、降りる人を優先して扉の前を空けて待つとか、あいさつをするにしても、職場では大きな声を出すのではなく、軽く会釈をするだけの場面もあるとか。私たちが生活の中で身につけてきたものを、学んでいただいています。

写真:笑顔で語る木野村さん

聞き手:

仕事では人間関係も重要ですよね。区役所では、どのような作業をしているのですか?

木野村:

メールの仕分けと集配です。 区役所には、多くの方が働いており、部や課もたくさんあります。当然、内部の配布資料や外部から届いた手紙など膨大な量があるので、それを部や課ごとに仕分ける作業をやっていただいています。

そこで興味深いことがありました。知的障害のある人の場合、文字の読み書きができない方も多いのですが、メールの仕分けは、問題なくできるのです。 字が読めないと、文字を照らし合わせることができないのではないかと思いがちですが、形として覚えられる。「障害者課」の読み方を知らなくても、「障害」という形が一致すれば、手紙を棚に入れることができるんですよね。


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介