メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

聴覚障害のある学生へ情報保障の大切さを伝えたい

2011年4月27日掲載

障害があると大学で勉強することが難しいのでは…と躊躇してしまう方も多いかもしれません。今回は、聴覚障害者への支援に力を入れている日本社会事業大学の清瀬キャンパスにある「聴覚障害学生支援プロジェクト室」へお邪魔しました。
なぜ、聴覚障害者への支援が必要なのか、どのような支援をしているかについて伺っています。ぜひ、ご覧ください。

【目次】

聴覚障害者が大学で困ること

  • 授業を聴くことが難しい
  • 手話通訳や要約筆記などがないと授業の内容を理解しにくい

聴覚障害学生支援プロジェクト室とは

2009年から、日本財団より助成を受け「聴覚障害者大学教育支援プロジェクト室」を開始。同時に「聴覚障害学生支援プロジェクト室」設立。聴覚障害者に特化した支援を行っている。障害学生支援制度運営に詳しい聴覚障害当事者をプロジェクト室に雇用することで、学生の相談や支援体制を整えている。

聴覚障害者大学教育支援プロジェクトの内容

  • 本学に在籍している聴覚障害学生の支援
  • 手話による文京キャンパスでの授業
  • ろう・難聴高校生の学習塾

注)日本社会事業大学は、清瀬キャンパスと文京キャンパスがあります。


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介