メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

脳性まひ7人制サッカー世界選手権2015

2015年7月9日掲載

イラスト:Cerebral Palsy - FOOTBALL WORLD CHAMPIONSHIPS_England 2015

6月16日から28日、イングランド(バートン)で、リオパラリンピック出場をかけて「CPサッカー世界選手権2015」が開催されました。
大会概要、試合結果、そして監督や選手からのコメントを掲載しております。
2020年の東京パラリンピックではCPサッカー(正式名称:脳性まひ7人生サッカー)は競技種目から外れ、 各国のチームが最後のパラリンピック出場を目指して熱戦を繰り広げました。
ぜひ、ご覧ください。

大会の概要

写真:5枚の写真で作られ中央に日本代表チームが日の丸の前で整列、右上は日本選手が相手選手の前でボールを受けている所、左上では日本選手が試合中に相手選手にボールを奪われている所、右下は日本ゴールキーパーがボールをキャッチしている所、左下では日本選手がボールを前に運んでいる所
  1. 大会名称:CPISRA Football World Championships 2015
  2. 大会期間:平成27年6月16日(土)開会式から6月28日(土)閉会式
  3. 開催地:イギリス・バートン
  4. 主催:CPFWC(Cerebral Palsy Football World&Championships)
  5. 参加国:イングランド、オランダ、北アイルランド、ポルトガル、アイルランド、ロシア、スコットランド、ウクライナ、オーストラリア、アルゼンチン、ブラジル、カナダ、アメリカ、ベネズエラ、日本の15か国のナショナルチーム。
    (注1)順位は地域別となっております。
    (注2)本来であれば16か国で行う予定でしたがイランチームは急遽欠席となりました。

最終順位

順位 チーム名
1位 ロシア
2位 ウクライナ
3位 ブラジル
4位 オランダ
5位 イングランド
6位 アイルランド
7位 アメリカ
8位 アルゼンチン
9位 スコットランド
10位 カナダ
11位 ポルトガル
12位 オーストラリア
13位 ベネズエラ
14位 北アイルランド
15位 日本
16位 イラン (大会不参加)

以下にファイナルラウンドの結果を掲載します。その他の試合結果は大会ホームページをご覧ください。
CEREBRAL PALSY_Football World Championships_England+2015新しいウィンドウが開きます

ファイナルラウンドの結果

7位決定戦
アルゼンチン 対 アメリカ     1 対 4
5位決定戦
アイルランド 対 イングランド 0 対 2
3位決定戦
ブラジル     対 オランダ     6 対 0
決勝戦
ウクライナ   対 ロシア       0 対 1

大会を終えてのコメント

佐野 潤一 監督

写真:佐野監督がチームに指示している所 ご声援本当にありがとうございました。残念ながら、今大会の目標であったリオデジャネイロパラリンピックへの出場権を得ることができませんでした。3度目のパラリンピック挑戦の夢は果たせませんでした。
東京パラリンピック種目除外決定から数か月。選手、スタッフは、常にリオデジャネイロパラリンピック出場を願い、大会に挑みました。
私たちAグループは、地元イングランド、ウクライナ、イランでしたが、イランが急遽大会に参加することが出来なくなり、3チームでの予選リーグになりました。結果は、2チームとも10点差以上失点、得点0で予選敗退が決まりました。しかし、今大会は最後の一戦まで全力で戦い抜くことを誓い、挑んだ大会。順位決定戦初戦ポルトガル戦もモチベーションを落とすことなく試合に入ることができましたが、前半5失点。後半2点取戻しましたが、結果6対2の敗退。更にベネズエラ戦も2対1と敗退。16チーム中15位。イランがいないので最下位で大会を終了することになりました。これが現実と思わされた大会でした。世界との差はあるが、もう少し順位を上げられたというのが私の正直な気持ちでした。身体、技術、スピード全て世界より劣っていました。もう少しの球際の強さがあれば、結果は変わっていた可能性はありました。その部分を選手に伝えきれなかったことが、私自身の力不足でもあり、敗因でもありました。
それでも、選手、スタッフ、チームを信じて応援して下さった皆さんと大きな夢を追い続けてきた3年間は、私自身の宝であり、生涯忘れることはないと思います。このような機会を与えて頂いた協会の方にも心より感謝致します。
今後の脳性まひ者7人制サッカー日本代表は、なくなることなく未来に引き継がれていきます。いつか、世界で活躍できることを夢みてこれからも応援をお願い致します。
そして、今まで応援ありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

ヘンリー選手

写真:ヘンリー選手がゴールを守っている所 今まで脳性まひ7人制サッカーの日本代表として色々な大会に行きました。オランダ、ブラジル、マレーシア、中国や韓国そして今回はイギリスの大会。
これまで、大会の勝敗はいろいろと思うこともありますが、大会を終えての達成感はありました。
ただ、今回は違います。悔いの残る大会でした。出番を与えてもらった試合では思うように活躍が出来ず、勝てる試合も負けてしまい、その後は出番が無くなりました。
大会では最年長の選手で、「47years old??serious!!」又は「Are you player? It's miracle.」など今回を持って代表から降りる予定でした。
そこで悔いの残る大会が自分の最後の試合でもあったことは残念に思いますが勝負の世界ではこれも仕方が無いと思います。今後は選手ではなく、積み重ねてきた今までの経験を次の世代に伝えて行く立場で行きたいと思います。今まで支えてくださった皆さん、応援してくださった皆さん本当にありがとうございました。

編集後記

イギリスで開催された「CPサッカー世界選手権2015」。
日本チームは残念ながら、リオパラリンピックの出場権を獲得することはできませんでした。
世界レベルの大会で、試合ができたことは選手のみなさんにとって貴重な体験だったと思います。
今大会をバネにして、さらなる日本のCPサッカーの発展を期待したいです。


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。
 Re: 脳性まひ7人制サッカー世界選手権2015
henry 投稿日時:2015年7月14日 15時07分
コメントありがとうございます。菅原さんにはいつも大きな理解力と応援を頂き本当にありがとうございました。これだけ大きなサポートがあったからこそここまで続けられました。遠くオランダまで応援に駆け付けた時は本当にこころ強く思いました(ビデオにはピッチの芝生も映っていましたが)。これからは選手ではなく何かの形でCPサッカーとのかかわりを続けて行きたいと思いますのでこれからも応援を宜しくお願いいたします。
 Re: 脳性まひ7人制サッカー世界選手権2015
ゲスト 投稿日時:2015年7月10日 13時02分
ヘンリーさん

菅原です。
長い間代表選手として本当にお疲れ様でした。
結果がなかなか、伴わず悔しい思いをしたことも多かったと思います。
東京からパラリンピックでの開催競技を外れてしますことも残念です。
しかし、まだ競技として発展する要素はありますし、させなければなりません。
今後は、育成という大きな荷を背負うことになりますが、仕事のにもつながるものとして向かってください。
本当に、お疲れ様でした。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介