メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

読書のバリアフリー

2010年6月14日更新

2010年は国民読書年(注)であることをみなさんご存知ですか?
今年に入り、出版業界が電子化の取り組みを本格化させているニュースが流れているほか、電子書籍市場が期待されるアップルのiPadが登場するなど、「活字の電子化」へと時代が動きつつあります。
これまで「読むこと」に何らかのバリアを抱えていた人にとっても、「読書のバリアフリー」が進み、本をより気軽に楽しめるようになったなら嬉しいですよね。
そこで、「ゆうゆうゆう」では、この国民読書年に数回にわたって、「読書のバリアフリー」について、取り上げたいと思います。
みなさんも本を読むうえで「こんなサービスあったらいいな」「こんな機能があれば読書が楽しめるようになる」などのご意見などがありましたらお聞かせください。

【目次】

第3回「肢体不自由者の読書を快適に」
―上肢に障害のある人がページを自由にめくることができる機器をご紹介―

第2回「読書バリアフリー法案提案に向けて」
―筑波大学付属視覚特別支援学校の宇野さんからのコラムをご紹介―

第1回「視覚障害者の読書を快適に」
―視覚に障害のある人がパソコンやインターネットを利用して読書を楽しむことができる仕組みをご紹介―

(注)国民読書年とは?

平成20年6月の国会決議により、2010年を「国民読書年」とすることが定められました。
決議では、政官民が協力し、国をあげて読書の啓発にあらゆる努力を重ねていくことが宣言されています。
今後、図書館をはじめ、さまざまな場所で、国民読書年にちなんだ行事や取り組みが行われていく予定です。

(政府広報オンラインより)


投稿された内容の著作権は投稿者に帰属します。
投稿のルールは「このサイトについて」をご覧ください。

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介