メニュー
ログイン
運営会社について

「ゆうゆうゆう」は、NTTが障がい者の雇用促進を目的に設立した「NTTクラルティ株式会社」によって運営されています。

本文ここから

その他

ユニバーサルデザインって何ですか? 

ユニバーサル(universal)とは、「普遍的な」、「全世界の」、「万人の」という意味の言葉です。
ユニバーサルデザインは、年齢や障害の有無などにかかわらず、すべての人が使いやすいように製品、建物、環境などをデザインすることをいいます。

トップに戻る

ウェブコンテンツって何ですか? 

ウェブ(web)とは、ワールドワイドウェブ(www:world wide web)という言葉を略したものです。ワールドワイドウェブを直訳すると、世界に広がるクモの巣という意味になります。世界中のコンピュータ同士がつながっているイメージから、クモの巣に例えられました。
ウェブは、インターネットで標準的に使われている、様々な情報を受発信するシステムです。文字だけではなく、音声、画像、動画などの情報を受発信することができます。

コンテンツ(content)とは、「内容」、「中身」という意味の言葉です。ですから、ウェブコンテンツは、ウェブが発信している文字、音声、画像、動画などの情報ということです。
JIS X 8341-3では、利用者がウェブブラウザなどを用いてアクセスするあらゆる情報、サービスと定義しています。

トップに戻る

アクセシビリティって何ですか? 

アクセシビリティ(accessibility)とは、「近づきやすさ」、「入手しやすさ」という意味の言葉です。

コンピュータやインターネットの利用におけるアクセシビリティを、情報アクセシビリティといいます。
日本工業規格(JIS規格)のひとつである「JIS X 8341-1」では、高齢者・障害者が、情報通信機器、ソフトウェア及びサービスを支障なく操作又は利用できる機能のことを、情報アクセシビリティと定義しています。

情報アクセシビリティのうち、ウェブコンテンツを利用するときのアクセシビリティを、ウェブアクセシビリティ、またはウェブコンテンツアクセシビリティといいます。
ウェブアクセシビリティを確保するための指針として、JIS規格は「JIS X 8341-3」を2004年に制定しました。
また、ウェブで利用される技術の標準化をすすめる国際団体であるW3C(ダブリュースリーシー)は、WCAG(ウェブコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン)を策定し提唱しています。
前述のJIS規格もWCAGと共同歩調をとっています。

トップに戻る

JIS X 8341-3って何ですか? 

JIS X 8341-3は、ウェブコンテンツJISと呼ばれ、正式には「高齢者・障害者等配慮設計指針−情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス−第3部:ウェブコンテンツ」といいます。日本工業規格(JIS規格)のひとつとして、2004年6月20日に制定されました。
高齢者や障害のある人及び一時的な障害のある人も含めたすべての人にとって利用しやすく、アクセスしやすいウェブコンテンツを企画・設計・製作・運用する為に、配慮するべき事柄を規定しています。

「高齢者・障害者等配慮設計指針」は、第1部:共通指針(JIS X 8341-1)と個別指針となる二つの規格、第2部:情報処理機器(JIS X 8341-2)、そして、第3部:ウェブコンテンツ(JIS X 8341-3)の3部で構成されています。
第1部と第2部は、2004年5月20日に制定されました。

トップに戻る

WCAGって何ですか? 

WCAG(ダブリューシーエージー)は、正式にはウェブコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドラインといい、ウェブで利用される技術の標準化をすすめる国際団体であるW3C(ダブリュースリーシー、正式にはワールドワイドウェブ・コンソーシアム)が、1999年に勧告したアクセシビリティに関するガイドラインです。

2008年12月に、バージョン2.0がW3Cから正式に勧告されました

トップに戻る

協賛企業のご紹介

特別協賛企業の製品・サービスのご紹介